アトピーを治すために何より大切なのは、食事の見直し

はじめまして。アトピー体質の娘2人を持つ管理人rinaです。当ブログにお越しいただき、ありがとうございます!

我が家の長女は幼稚園年中(4歳)のとき、次女は3歳のときにそれぞれひどいアトピーを発症しました。

長女が小さかった頃は、まだアトピーの原因も治し方もわからず、とても苦しかったことを覚えています。

あの「どうすればアトピーが治るのか全然わからない……」という暗闇の中にいるような感覚は、いまだに忘れられません。

そんな苦しみから私を救ってくれたのが、アトピーなんか飛んで行け!―アトピー克服実践マニュアルです。

この本には、なぜ湿疹ができるのかというアトピーの根本的な原因と、アトピーを治すための具体的な方法がとても詳しく書かれています。

実際、この本に書かれてある通りに食事の改善をしたおかげで、私は娘2人のアトピーを治すことができました。

体が変われば、アトピーは少しずつ治っていく

もしかしたら、今このブログを見てくださっている方の中には、以前の私と同じようにアトピーの治し方がわからずに苦しんでいらっしゃる方もいるかもしれません。

でも、大丈夫。

『アトピーなんか飛んで行け!―アトピー克服実践マニュアル』をしっかり読み込んで何がアトピーの原因になっているのか(=何を食べ過ぎているのか)を突き止め、食事の改善をして体の中にたまった余分な栄養素を解消すれば、アトピーは少しずつ治っていきます。

「体は食べたもので、できている」という言葉があるように、食事が変われば体も変わります。

1年、2年と地道に食事の改善を続けていけば、必ずそれが実感できるはずです。

当ブログでは、娘たちのアトピーが治っていく過程を写真付きで載せています。私の失敗談も書いているので、「ああ、こんな感じでいいのか」とわかってもらえるはず。

カンペキじゃなくてもいいんです。食事の改善は、続けることが大切です。

私もまだまだわからないことはたくさんあります。娘たちのアトピーが出ると、落ち込んだり悩んだり。でも、そんなときこそ基本に忠実に、食事の改善を続けていくことが大切なんですよね。

一緒にアトピー改善をめざしていきましょう!

アトピーの治し方を簡潔にまとめています。
初めての方は、まずはこちらからどうぞ。

【保存版】自然治癒を目指す! アトピー性皮膚炎の治し方

カラダMEMO おすすめカテゴリー一覧

アトピーの原因って何?どうして湿疹ができるの?と疑問に思っている方はこちらから。

 

アトピーを治すためには最初に何をすればいいの?と疑問に思っている方はこちらから。

 

アトピーって本当に食事の改善で治るの?アトピーが治る過程を写真で見たい!と思っている方はこちらから。

 

アトピーを治すためにはお菓子を食べたらダメ?どんなお菓子だったらいいの?と疑問に思っている方はこちらから。

 

保湿剤はどうすればいい?シャンプーのおすすめは?と疑問に思っている方はこちらから。

 

食事の改善を始めたのになかなかアトピーが治らない……アトピーを治す過程で出てくるそんな悩みにどう対処すればいいのか知りたい方はこちらから。

 

 

管理人が実際に使ってみて、アトピー改善のサポートに役立つと思ったグッズをご紹介♪ 娘たちもお気に入りです。

アトピーのカサカサ保湿に最適なホホバオイル

世界最高権威フランス有機認証機関、ヨーロッパ統合有機認証機関のオーガニック認定。NATURAL ORCHESTRAの最高品質「オーガニックホホバオイル」

日本で唯一、ECOCERT(世界最高権威フランス有機認証機関)、COSMOS(ヨーロッパ統合有機認証機関)の基準をクリアしたオーガニック認定のホホバオイル。ホホバオイルには人の皮脂に含まれるワックスエステルが豊富に含まれており、アトピーのカサカサ保湿には最適。

我が家では、長女の手首のアトピーが治っていく過程で、乾燥して白いポロポロの皮が出てきたときに、NATURAL ORCHESTRAのホホバオイルを保湿剤として塗っていました。 カサカサした部分があるとつい手でいじってしまうそうなので、引っかき防止対策としても役立ちました。

サラッとした使い心地で、塗った後もベタベタしないので、とても使いやすいです。次女はまだ小学生で、どうしても給食の肉の影響で顔が乾燥しがちなので、顔のカサカサ部分に塗っています。

肌にやさしいアミノ酸シャンプーで頭皮のケアを

アトピーの症状が頭皮に出ているときには、今使っているシャンプーを見直すことも大切です。CMなどでよく見かける市販のシャンプー(高級アルコール系シャンプー)には洗浄力が強く肌に刺激を与えるものもあるため、無添加の石けんシャンプーか、もしくはできるだけ低刺激のアミノ酸シャンプーを使うのがおすすめです。

ナチュラル&シンプルヘアケア uruotte(uruotte) は、ノンシリコン、天然ヤシ油由来の低刺激なアミノ酸シャンプー。無香料とアロマの2種類あり、成分がシンプルなので肌が弱い方でも使うことができます。ホホバオイル配合で、リンスなしでもしっとり。アロマ(8種の天然精油配合)の香りは、長女のお気に入り!

100%ストレートのにんじんりんごレモンジュースでビタミン補給&少食に

アトピーを治したい!と思ったときに最初に取り組むべきことは、食事の見直しです。

アトピーの原因は「食べ過ぎ」。食べ過ぎて余った栄養素(肉や乳製品などの動物性脂肪、揚げ物やスナック菓子などの植物油、魚や卵・大豆製品などのたんぱく質)が皮膚にあふれて、湿疹として出ているのです。

だから、アトピーを治すためには、1.少食にして体の中にたまっている余分な栄養素を減らす、2.食事の改善をしてこれ以上余分な栄養素が入ってこないようにする、3.運動量を増やして体内の余分な栄養素をどんどん減らしていくの3点が大切になります。

ただし、少食にするといってもただ単に食事を抜くのではなく、肌の回復に必要な栄養素(ビタミン)はしっかり摂る必要があります。 そこで役立つのが、手作りの野菜ジュースや市販の青汁。毎日ジュースを手作りするのは大変……という方には、手軽にたっぷりのビタミンが摂れる市販のにんじんジュースがおすすめです。

我が家で最近よく購入しているのが、常温にんじんりんごレモンジュース  。国産無農薬にんじんに、りんご&レモンが配合されているので、栄養価はばつぐん! マイルドな味わいなので、にんじんが苦手な方でも大丈夫。

私は、冬になると右手の中指に主婦手湿疹が出やすいのですが、にんじんジュースで少食にしていると、すんなり治るんですよ。アトピーも主婦手湿疹も、やっぱり一番大切なのは食事の見直しですね!

アトピーのかゆみ対策に

1

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが……ブログ名変更しました~! 【旧ブログ名】 「アトピー性皮膚炎にサヨナラ! 体の中からキレイになるアトピー克服術」 【新ブログ名】 「カラダMEMO」 やっ ...

Copyright© カラダMEMO , 2017 AllRights Reserved.