アトピーの原因・症状・治療方法などを中心に、体にいいことをまとめた備忘録

カラダMEMO

スキンケア・ヘアケア

アトピーでもシャンプーを使って大丈夫? おすすめシャンプーまとめ

更新日:

今回は、食事の改善ではなく、アトピーっ子のシャンプー選びについて。

アトピーっ子(男子・女子)の皆さま、普段はどんなシャンプーを使ってらっしゃいますか?

アトピーの症状が出てる時のシャンプー選びって難しいですよねぇ。我が家の2人の娘たちがそれぞれアトピーがひどかったとき、頭皮は大丈夫だったのですが顔や首に湿疹ができていたので、洗髪してシャンプーを流す際、いかにキズの部分に泡をつけないようにするかで苦戦しました。

次女は、一番ジュクジュクがひどかった時、シャンプーの泡がちょこっと首のキズについただけで、しみると泣いておりました( ;∀;)

もしかしたら我が家の娘たちと同じように、「アトピーひどいときってそもそもシャンプー使っていいの?」「使うとしたら何がおすすめ?」と思っている方も多いかもしれないので、今回は私の個人的なおすすめシャンプーをご紹介します!



アトピーの症状が出ているとき、シャンプーは使う?使わない?

本当に湿疹がひどい時は、何を使ってもしみると思うので、ぬるま湯洗いでもいいかと思うのですが、私が娘2人のアトピーを治す時にお世話になった『アトピーなんか飛んで行け!―アトピー克服実践マニュアル』には、こんな記述が。

余分な栄養素が皮膚に排出されてできた湿疹は、できるだけ毎日お風呂に入り、汚れをきれいに洗い流すのが一番です。「アトピー肌は皮脂が少ない状態なので、あまり洗わないほうがよい」と言う人もいますが、古い皮脂は酸化や細菌の繁殖でかえって刺激になります。特に夏の間はまめに汗を流すといいでしょう。
石鹸は無添加や刺激の少ない物を選びましょう。

なるほど、なるほど。湿疹ができていると、つい、ぬるま湯洗いですませてしまいそうになりますが、実は石けんで洗ったほうがいいんですね。

もし今、私自身が頭皮にボコボコとした湿疹が出ていて、引っかき傷とかカサブタもあって辛い……という状況だったら、ぬるま湯で髪全体を流した後、ごく少量の石けんシャンプーをつけてささっと洗い、少ししっかりめに流して終わりにするかなぁと思います。リンスとかトリートメントはつけないです。だって、しみるからね!

頭皮のボコボコした湿疹、カサカサのフケは肉や乳製品の摂り過ぎ

ちなみに……頭皮にボコボコとした厚みのある湿疹が出ていたり、細かいフケがたくさん出ている場合、動物性脂肪(肉・乳製品)の摂り過ぎかもしれないので、今すぐ!今すぐ!(大事なことなので2度言う)食べるのをやめてくださいねー。

お肉そのもの、乳製品そのものはもちろん、ルーとかドレッシングとかコンソメとか調味料系も全部ですよ? そして女子が大好きな甘いお菓子も全部ですよ?

関連記事:アトピーを治すための食事改善1 動物性脂肪(肉類、乳製品)を減らそう

頭皮のベタベタした黄汁は植物油の摂り過ぎ

頭皮からベタベタとした透明の黄汁が出ている人は、植物油の摂り過ぎかもしれないので、揚げ物やスナック菓子、インスタント食品全般、やめてくださいねー。

結構きっちり油を制限すると、黄汁は少しずつですが止まります。(我が家の次女も、鼻の穴・耳裏・首・脇の下から黄汁が出ましたが、今はすっかりキレイです)

で、黄汁が止まってきたら、今度は新鮮な植物油(白ごま油がおすすめ)を大さじ1/2杯程度摂っていきます。(大さじ1杯まではOK。様子を見て)煮物や味噌汁に回しかけて摂るといいですよ。

亜麻仁油やえごま油(オメガ3脂肪酸が豊富)もいいと思います! お魚も量に気をつけながら食べてくださいね。

関連記事:アトピーを治すための食事改善4 植物油を減らそう
アトピーの白いぶつぶつは油が原因!? アトピー改善に必要な植物油はコレ!

一食につき、「穀物5(ご飯やうどんなどの炭水化物):野菜3:たんぱく質1(お魚もしくは大豆製品もしくは卵のどれか1品)」のバランスで食べるのが基本です!

頭皮のアトピーを治すのは、シャンプーじゃありません。食事の改善ですよ!!!! 体にたまった余分な栄養素は、この際全部出しちゃいましょう! 毎日2時間ウォーキングおすすめです!

関連記事:アトピーを治すための食事改善2 和食メニューを選ぼう

って色々言いすぎると、管理人うるせー!と思われちゃうでしょうか(^-^;

シャンプーは、アトピーの湿疹を悪化させない低刺激のものを選ぶ

ちょっと話がそれましたが、そういうわけでアトピーの症状が頭皮に出ている場合、まずは食事の改善をすることが大切です。それから、アトピーっ子がシャンプーを購入するときに大切なのは「なるべく低刺激のもの」を選ぶこと。

アトピーの湿疹の直接的な原因は、シャンプーではなく「食べ過ぎ」「余分な栄養素の摂り過ぎ」ですよね。なので、「シャンプーで頭皮の湿疹が改善されるなんて甘い夢は見ない」「とりあえず頭皮がしみたり、これ以上悪化したりしなければヨシ!」というスタンスが大切かと……。

高級アルコール系シャンプー、石けんシャンプー、アミノ酸系シャンプーのメリット・デメリット

じゃあ低刺激のシャンプーってどういうシャンプー?と思う方もいるかもしれないので、シャンプーの種類を簡単に。シャンプーは洗浄成分によって大きく3つに分けられます。

  • 高級アルコール系シャンプー
    洗浄成分……ラウレス硫酸Naなど。
    大量生産できるので安価。洗浄力が強く、肌が弱い人は炎症を起こすことも。
  • 石鹸シャンプー
    洗浄成分……カリ石けん素地、純石けん分など。
    洗い上がりさっぱり。弱アルカリ性なので、髪がややきしみやすい。
  • アミノ酸系シャンプー
    洗浄成分……ココイルグルタミン酸、ココイルアラニンなど。
    弱酸性で、洗浄力もマイルド。頭皮と髪に優しいが、価格がやや高い。

こんな感じで、どのシャンプーにもメリット・デメリットあるのですが、洗浄力のマイルドさ、香りの良さ、パッケージのオシャレさなどを総合的に考えると、やっぱりアミノ酸系シャンプーに落ち着くのかなと。

ちなみに、我が家では長女が生まれてからずっと

を愛用してきました(リンスとボディソープもパックスナチュロンです)。

ただ、中学生になる長女は、もう少し市販のシャンプーに近いもの、香りがあるものを使いたいらしく、今ではナチュラル&シンプルヘアケア uruotte(uruotte)に落ち着きました。これがとってもよかったので、ご紹介!

アトピーの症状が落ち着いてきたら使いたい! おすすめアミノ酸系シャンプーまとめ

ノンシリコン 無添加アミノ酸シャンプー uruotte

今、アトピーっ子の長女が使っているのが、ナチュラル&シンプルヘアケア uruotte(uruotte)です。

IMG_2016

成分はコチラ。

水、ココイルグルタミン酸TEA、グリセリン、コカミドDEA、ラウラミドプロピルベタイン、ホホバ油、グリチルリチン酸2K、オウバクエキス、オタネニンジンエキス、センブリエキス、ボタンエキス、アルニカ花エキス、セイヨウオトギリソウエキス、セイヨウキズタエキス、セイヨウトチノキ種子エキス、ハマメリスエキス、ブドウ葉エキス、カミツレエキス、トウキンセンカ花エキス、フユボタイジュ花エキス、ヤグルマギクエキス、ローマカミツレ花エキス、ポリクオタニウム-10、BG、メタリン酸Na、エタノール、フェノキシエタノール

界面活性剤やシリコン、旧指定成分はもちろん無添加で、肌にやさしいホホバオイル配合。アミノ酸系シャンプーといっても色々ありますが、これは成分がシンプルなので安心です。

ホホバオイルについては、『アトピーなんか飛んで行け!―アトピー克服実践マニュアル』のスキンケアのページにも

保湿剤としては、カサついた所によくワセリンが出されますが、これは鉱物油で毛穴まで塞いでしまい、皮脂の代用にはありません。植物油脂、不飽和脂肪酸タイプ(ホホバオイル、椿油、馬油など)などの保湿剤に切り替えていきましょう。

とあるように、おすすめの保湿剤として載っています。

関連記事:アトピーの保湿に役立つ! ホホバオイルが届いたよ

無香料とアロマの2種類ありますが、長女が使っているのは香り付き(アロマ)のほうです。天然のアロマオイルが使われているので、とってもやさしい香り。

uruotteに配合されているアロマの成分はこちら。

パルマローザ油、イランイラン花油、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ花油(ゼラニウム油)、レモン果皮油、ローズウッド木油、ハッカ葉油、ベルガモット果皮油

uruotteはシャンプー単体のみで、セットのコンディショナーやトリートメントは必要ありません。泡立ちもよく、シャンプーだけでも、髪がしっとりまとまるのがいいですね。アトピーっ子だとやっぱり色々つけるとしみることがあるので……。1本ですむことを考えると、コストパフォーマンスもいいと思います。

手にとると、こんな色です。ちょっと見づらいかな(^-^; うっすら黄みがかったトロッとした手触りで、爽やか~な香り!
IMG_2023

長女の髪。ツヤツヤで天使の輪っかが♪

長女は生まれてからずっと石けんシャンプーしか使ったことがなかったので、正直、アミノ酸シャンプーを使ったら頭皮の状態がどうなるのかちょっと心配だったんですよね。(なので最初のうちは、「少しだけ使って!」ってうるさく言ってしまいました(^-^;)

でも、特に湿疹が出たりということもないですし、今では毎日問題なく使っています。ホッ。学校のお友達が○ッセンシャルや○リットなどを使ってるのがとってもうらやましかったらしいので、購入してよかったなぁと思います。

長女曰く、石けんシャンプーを使っていたときは、何となく手触りがゴワゴワしていたらしいのですが、これを使うようになって髪のまとまりがよくなったそうです。髪をさわったときに、フワッとアロマの香りがするのがうれしいとのこと。成分よし、香りよし、ということで、我が家ではしばらくこれを使っていきます!

私はいきなり普通サイズを購入してしまいましたが、初めて使う場合は使い切りタイプのトライアルセットが安心&お得です。次回はリペアミルク(洗い流さないトリートメント)も試してみたい~。
公式サイトはこちら⇒ナチュラル&シンプルヘアケア uruotte(uruotte)

ノンシリコンシャンプー 凛恋(rinRen)

おすすめのアミノ酸系シャンプー2本目は、表参道のシンシアガーデンで取り扱っている
ノンシリコンシャンプー凛恋(rinRen)

私、シンシアガーデンカフェが好きで、友達とランチをするときによく使ってるんですが、ここは玄米中心のベジメニューなのでアトピーでも安心。デザートの濃厚ガトーショコラは食べ応えあっておいしいです!

凛恋(rinRen)は、香りがローズ&ツバキ、ミント&レモン(薬用スカルプケア)、ユズ&ジンジャーと3種類ありますが、イチオシはローズ&ツバキ。10種類の国産植物成分配合で、石油系界面活性剤やシリコン、パラベン、鉱物油、合成着色料、合成香料、動物性原料などはもちろん無添加です。

天然のエッセンシャルオイルの香りがすごくいいので、香り重視派の方におすすめ! 長女も次はこれを買おうかな~と言っています。

成分はコチラ。

【シャンプー】
水、コカミドプロピルベタイン、ラウラミドDEA、ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルサルコシンTEA、ココイルグリシンNa、ポリクオタニウム-7、ポリクオタニウム-10、ヤシ油脂肪酸PEG-7 グリセリル、ハイブリッドローズ花水、ハイブリッドローズ花エキス、ツバキ花エキス、ツバキ種子油、ウンシュウミカン果皮エキス、ユキノシタエキス、ヘチマエキス、ソメイヨシノ葉エキス、シ ャクヤク根エキス、アシタバ葉/茎エキス、ノバラ油、ニオイテンジクアオイ油、ライム油、ラベンダー油、BG、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、エ チドロン酸、エチドロン酸4Na、エタノール、フェノキシエタノール

【トリートメント】
水、水添ナタネ油アルコール、グリセリン、ステアリルトリモニウムブロミド、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCI、ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、ヒドロキシエチルセルロース、ハイブリッドローズ花水、ハイブリッドローズ花エキス、ツバキ種子油、ユキノシタエキス、スサビノリエキス、スイゼンジノリ多糖体、オクラ果実エキス、シャクヤク根エキス、ソメイヨシノ葉エキス、ツバキ花エキス、ノバラ油、ニオイテンジクアオイ油、ライム油、ラベンダー油、オ レイン酸、グルタミン酸、BG、イソプロパノール、エタノール、フェノキシエタノール

【2016年9月追記】
凛恋(rinRen)購入しました! 詳しくは【経過報告まとめ】手首のアトピーがすっかり治ったよ!を見てくださいね。

AROMAKIFI(アロマキフィ)モイストスムースシャンプー&コンディショナー

おすすめのアミノ酸系シャンプー3本目は
AROMAKIFI(アロマキフィ)モイスト&スムース シャンプー 500ml
このシリーズは、成分良好のアミノ酸系シャンプーにしてはお値段がお手頃なのがイイですね。コストパフォーマンスを考えるなら、これがイチオシなんですが、アロマオイルではなく香料が入っているのが惜しい……。

成分はコチラ。

水、ココイルメチルタウリンNa、コカミドプロピルベタイン、BG、パーム核脂肪酸アミドDEA、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ベタイン、ココアンホ酢酸Na、スクワラン、ダイズイソフラボン、リコピン、ビャクダンエキス、コンニャク根エキス、ココヤシ果実エキス、ウイキョウ種子エキス、ローマカミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、アルニカ花エキス、オオムギエキス、キハダ樹脂エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、ラウラミドDEA、ポリクオタニウム-10、香料、塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン、クエン酸、トコフェロール、キサンタンガム、ペンチレングリコール、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、フェノキシエタノール

成分はコチラ。

水、コメヌカ油、グリセリン、ベヘナミドプロピルジメチルアミン、ステアリン酸グリセリル、BG、ベへニルアルコール、ミリスチルアルコール、グルタミン酸、ベタイン、塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、スクワラン、ダイズイソフラボン、リコピン、シア脂、ヤシ油、ビャクダン工キス、コンニャク根エキス、ココヤシ果実エキス、ウイキョウ種子エキス、ローマカミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、アルニカ花エキス、ニンニク根エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ゴボウ根エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、キハダ樹脂エキス、オオムギエキス、ポリクオタニウム-10、香料、キサンタンガム、トコフェロール、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール

 

アミノ酸系ノンシリコンシャンプー『HARICOC』

おすすめのアミノ酸系シャンプー4本目は、
アミノ酸系ノンシリコンシャンプー『HARICOC』

弱酸性アミノ酸系洗浄成分使用で、ノンシリコン。合成香料、合成着色料、アルコール、パラベン不使用です。美容成分(エイジングケア成分3GFやプラチナナノコロイド、ヒアルロン酸、コラーゲン、ケラチンなど)と28種類の植物エキスが配合されています。

頭皮に優しいというだけではなく、シャンプーしつつ美容成分も取り入れられるところがいいですよね。アトピーの症状が一通り落ち着いてきて、もう少し髪に潤いが欲しい、と思うようになった方におすすめです。

成分はコチラ。

水、ココイルグルタミン酸K、ココイルアラニンTEA、コカミドプロピルベタイン、グァーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ポリクオタニウム-7、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、BG、ヘマチン、加水分解ケラチン、加水分解シルク、キュウリ果実エキス*、セージ葉エキス*、セイヨウサンザシ果実エキス*、セイヨウノコギリソウエキス*、タイムエキス*、ノバラエキス*、ビルベリー葉エキス*、ラベンダー花エキス*、ローズマリー葉エキス*、シソエキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、フェノキシエタノール、オランダカラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ニンニクエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローマカミツレ花エキス、オウゴンエキス、ボタンエキス、ヒキオコシ葉/茎エキス、フユボダイジュ花エキス、ジオウエキス、ビワ葉エキス、ウコン根茎エキス、オウバクエキス、オリーブ葉エキス、カンゾウ葉エキス、ヒトオリゴペプチド-1、オリゴペプチド-20、アセチルデカペプチド-3、白金(*認定オーガニック成分)

ということで、管理人おすすめのアミノ酸系シャンプーのご紹介でした。

シャンプーって本当にたくさん種類があるので、自分に合うシャンプーを見つけるのもなかなか大変だとは思いますが……アトピーの症状がひどいときには、なるべく成分がシンプルな石けんシャンプーでささっと洗うくらいでいいと思います。アトピーの症状がおさまってくれば、色々なアミノ酸系シャンプーを使えるようになりますよ!

ではでは、また次回お会いしましょう♪

-スキンケア・ヘアケア

Copyright© カラダMEMO , 2017 AllRights Reserved.