質問への回答・メッセージ

子どものアトピーを治すということ Nさんへのお返事

更新日:

アトピーっ子(男子・女子)の皆さん、お肌の調子はいかがですか?
今回初めて見に来てくださった方も、いつも見てるよ!って方も、まとめてありがとうございます、管理人です。

ちょっとワタクシ昨日の夜に衝撃を受けた出来事があったんですが……インテルの長友が……!!!! 平愛梨ちゃんとお付き合いしていると……!!!! ぼくのアモーレですと……!!!!

愛梨ちゃんの相手は、w-inds.の涼平くんじゃないの!?とw-inds.ファンがざわざわしております。。

だってさ、慶太くんはあややと12年お付き合いして結婚に至ったわけで、涼平くんも愛梨ちゃんと結婚するのかと勝手に思っていたんだよー!!(何度か写真撮られていたし……)いやでも、長友と愛梨ちゃんもお似合いですネ!(そして私は、香川の将来の結婚相手もとっても気になります!)



動物性脂肪が抜けるまでは時間がかかるけど焦らずに

ということで、今回は恒例のメッセージのお返事を。Nさん&Aさん、お祝いのメッセージありがとうございます!(Aさんには、また別記事でお返事書きますね!)

Nさんは以前メッセージのお返事 @娘さんの食事改善をがんばっているNさんへでもお返事を書かかせていただきましたが、今回で3度目の登場です♪ いつも当ブログを見ていただき、ありがとうございます!

Nさんの娘さんは、今、腕の関節、脇の下、首にかきむしりがあり、ガサガサだとのこと。(風邪が長引いていたようですが、その後、体調はいかがですか?)

肉や牛乳、ヨーグルトなどの動物性脂肪の排出は、ガサガサになりますよね……。湿疹がボコボコになったり、粉がふいたり、白っぽく色が抜けてきちゃったり……。あと、我が家の次女は給食の肉の影響で、たまに目のまわりや頬がうっすら赤くなることもあります。

動物性脂肪は噴き出しがあるので、体の中にたまっているものが外に出ていくまでにかなり時間がかかると思います。あとは使っていたステロイドの強さ・期間などからも変わってくるかと。

ステロイドは皮膚にあふれていた脂肪を体内に押し戻してしまうので、またそれを外に出さなければならないんですよね。でも、4月中旬から食事の改善を始めたとのことですし、何より子どもって代謝がいいので、3ヶ月後、半年後、9か月後と3ヶ月単位でぐーんと良くなっていくような気がします。

『アトピーなんか飛んで行け!―アトピー克服実践マニュアル』にも、

アトピーが飛んで行く(症状が無くなる)までの期間は、どれくらい余分な栄養素を溜め込んでいるかにもよりますし、食事改善のがんばり度にもよります。早い人では大人で2~3ヶ月、子どもで1~2ヶ月で飛んで行く人もいますが、平均すると大人で大体一年、子どもで半年はかかります。それくらいはかかると覚悟しなければなりません。

とあるので、やはり時間はかかると考え、じっくり腰をすえて食事の改善に取り組むといいかと。いや、そうはいってもね、母親としては大変ですよね。しかもNさんの娘さん、芋かぼちゃ系が苦手なんですね! OH~コマリマシタ~。

さつまいもって便利なんですけどねぇ。我が家の次女なんて、いまだにキューピーの離乳食「かぼちゃとさつまいも」をおやつがわりに食べてるんですよ!(買ってきてと頼まれる) もうすぐ8歳になるのに! ちなみにコレです。

昔からコレが大好きで……。でも、Nさんの娘さんは芋かぼちゃ系が苦手とのことなので、そうなると……これからの季節は茹でとうもろこしとか? あとはおにぎりくらいしかないですよね。それか、食事はこの量で終わり、と割り切って、あとは食べてOKおやつで何となくごまかしつつ乗り切るとか。

次女が一番アトピーがひどかった3歳のときは、下に載せたようなものを買ってストックしてました。「油が少なくて極力アトピーに影響のないもの」という視点で選んでいたので、赤ちゃんせんべいとかも入ってますけど(^-^;

あとは、「甘栗むいちゃいました」とか干し芋とか。(ってまた芋だ)当時は、卵・乳アレルギーのある長女が給食の代替としてパンを学校に持っていってたので、白神こだま酵母を買って、ホームベーカリーで食パンとか丸パンとかも作ってました!(面倒くさかった……)

パンは、手軽に買うならフランスパンかベーグルですかね。娘たちが好きなのはジュノエスクベーグルとかベーグル&ベーグルとか。ベーグルは結構腹持ちいいですよ! あのころは、何か食べられるものがないかと自然食品店やナチュラルハウスによく行ってましたね~。(エンゲル係数めっちゃ高かったです(^-^;)

私はこんな感じでおやつをストックしつつ、食欲旺盛な次女に「もう食べちゃダメ!」とイライラしつつ、試行錯誤しながら何とか乗り切ったので……。Nさんも、きっと1年後には今よりずっと楽になっていると思います! それに、娘さんは他の部分はツルツルということで、アトピーが出ている部分も限定的のようなので、きっと大丈夫! お互いがんばっていきましょう!

あ! Nさんも「飛んで行け!食」ですんなり体重が落ちたんですね。やっぱりこの食事ってダイエットにも向いてますよね。女子高生、女子大生、OLさん、主婦の方々~! 「飛んで行け!食」なら、気になる脂肪も落とせますよ~!

アトピーを治すのに、遅いということはない

母親は子どもの食事を管理している立場にあるので、アトピーの原因がわかってくると、「あれが湿疹の原因だったのか……」と過去のことを思い出して落ち込んでしまうこともありますよね。

でも、肉とか牛乳とかヨーグルトとかって普通に「栄養がある」と思われているものですし、そもそもそれらを食べても一切肌には出ない子も多いので、実際にアトピーになって、「飛んで行け!の会」を知ることがなければ、それがアトピーの原因だなんてなかなかわからないと思います。なので、今からしっかり食事の改善をしていけば全然大丈夫だと思います、うん。

私なんてー! めっちゃやらかしてますよ……。長女、次女と2度も(^-^;

長女のときは、食物アレルギーを持つ長女のために良かれと思ってマクロビオティックのメニューをせっせと作っていたら、それが玄米・雑穀・大豆製品の摂り過ぎにつながって、たんぱく質過剰型の湿疹を引き起こしてしまい……。

次女のときは「とにかくたんぱく質が過剰にならないようにしなければ」とそこだけは気をつけていたんですが、かわりに植物油が過剰になってしまい……(野菜でボリューム出すために揚げ物が多めになったり、長女の友達が持ってきてくれたスナック菓子を次女にも一緒に食べさせていたり…あちゃーですよ、ホント)

長女がアトピーがひどかった時は、幼稚園ママに「アトピーなの」と言うのが何とな~くイヤだった気がします。認めたくないというか。アレルギーがあるから肌が弱い、みたいな言い方をしてたかも。アトピーに対して、恐怖心のようなものがあったんでしょうね。

でも今は、アトピーは怖くない、自分で治せるとわかったので、全然抵抗がなくなりました。(単に図太くなったのか!?)

GWに次女が七五三の撮影したときも、「アトピーなのでファンデーション無しでいいです!」とか。

先週、長女を美容院に連れて行ったときも、「アトピーでシャンプーに敏感なので、カットだけで!」とか聞かれてなくても先に言っちゃってます。

でもね、「アトピーなんですか? 見えませんね!」って大抵言われるので、へへん、そうでしょ? 私、治し方知ってるもんね!って心の中で(あくまでも心の中で)ドヤ顔してます。

そんなわけで、私みたいに適当な感じでもアトピーはちゃんと治っていくよ、いつから始めたって遅いということはないよというお話でした。

ではでは、また次回お会いしましょう♪

-質問への回答・メッセージ

Copyright© カラダMEMO , 2018 AllRights Reserved.