おすすめ本紹介

胸キュン系もラブコメ系も! 厳選おすすめ少女マンガまとめ 【2016】

更新日:

ちょっぴりご無沙汰しちゃいました。今回は私の趣味を思いっきり反映したおすすめ少女マンガのご紹介です!(なので、少女マンガに興味ないよーという男性陣、申し訳ありません。。)

『星の瞳のシルエット』『月の夜 星の朝』『なな色マジック』などなど小学生時代に『りぼん』と『なかよし』を読んで育ったアラフォー世代としては、マンガは人生に欠かせないアイテムです! お気に入りのマンガが見つかったら、ぜひぜひ読んでみてくださいね~。



胸キュン系

まずは、ストーリーの大部分が恋愛中心の「胸キュン系」から。主人公が好きになる男の子が学校一のイケメンだったり、主人公を2人のイケメンが取りあったりと、そんなイケメンどこにいるの?感満載ですが……いやでもいいんだ、これで。だって胸キュンするために読むんだからね? 最後はもちろん両想いになって終わるんだからね? ということで、「胸キュン系」マンガのお気に入りをご紹介します!

『ひるなかの流星』(11巻完結+番外編あり)

【ストーリー】
与謝野すずめは田舎に住む高校1年生。父親がバングラデシュに転勤することになり、すずめは一人、東京(親戚の諭吉おじさんのところ)に出てくることに。新しい高校で、担任の獅子尾、クラスメイトのゆゆか、馬村と出会い、すずめは少しずつ変わっていく。
試し読み

これはーーーーーーもうね!! 絵が!! 絵が!! 絵が可愛い!! 絵が可愛い!!(2回言う)すずめが獅子尾への恋心を抱くところからストーリーは進んでいくんですが、いやもう獅子尾がかっこいいのなんのって。個人的に、やまもりさんの描く男の人ってかっこよくて大好きです。学生時代、学校の先生に対して1ミリも興味がなかった私ですが(断然、クラスメイト派)、獅子尾みたいな先生がいたら好きになっちゃうのもわかるよって思います。でもって、お友達のゆゆかちゃんはツンデレで可愛いし(ゆゆかちゃんと土牛先輩の恋もイイ!)、イケメンなのに赤面症の馬村はカッコいいのに可愛いし、なんだこれ……胸キュンすぎんだろ……と。ストーリー的には、獅子尾と馬村のイケメン2人がすずめを好きになってうんたらかんたら……というザ!少女マンガ!なお話なんですが、ラスト、すずめの出した答えとは……。
ああああ。言いたいけど、言いません。。キュンキュンしたい方はぜひ!!!! 絵がねーほんと可愛くて大好きです!

『アオハライド』(13巻完結)

【ストーリー】
吉岡双葉は高校1年生。中学時代、田中洸に淡い恋心を抱くも、ふとした行き違いでうまくいかないまま田中は転校してしまう。高校1年の3学期、双葉は同じ高校に田中がいることを知る。しかし、田中は両親の離婚により馬渕洸と名乗っていた。双葉は、洸と再び出会ったことで友達との関係や自分自身を見つめ直し、洸への気持ちをあらためて自覚するようになる。
試し読み

双葉と洸が両想い前提で描かれていて、お互い好き同士なんですが、少し距離が近付いたかと思うとまた色々あって……となかなかうまくいかず……。でも、ところどころで、「やっぱり洸は双葉が好きなんだなぁ」と思えるエピソードが出てきて、キュンキュンします。そして、お友達の周ちゃんと小湊くんのエピソードがとっても可愛い! 菊池くんも双葉ちゃんを振り向かせようと一生懸命なのがいい!(あ、これも洸と菊池くんが双葉を好きになるんですねー。イケメン2人の存在が……っていうのはもう少女マンガの鉄板)ワタシ的には洸より菊池くんのほうがいいんじゃね?と思っちゃうんですが、双葉はやっぱり洸だけなんですよね。洸が双葉をぎゅっとするところとか、2人のキスシーンとか少女マンガのわりにやや多め……?? (りぼん全盛期に育った世代としては、キスシーンはラストの1回だけでいいやん?と思ってしまう)でも絵もキレイで可愛くて、やっぱり少女マンガって画力がものをいうなぁと思います。

『花君と恋する私』(10巻連載中)

【ストーリー】
坂下七世は高校1年生。進学校に主席入学した優等生で、しっかり者の委員長。同じクラスの花は停学経験アリで喧嘩っぱやいけれど、七世はそんな花が気になって仕方ない。七世と花の恋の行方は……?
試し読み

やー。このお話もね、キュンキュンですわ。こまりちゃん(先生)を好きだった花くんが、七世の一生懸命さに惹かれるようになり、だんだんと七世への恋心が芽生えていくようになるんですが、もう2人のやり取りが可愛いのなんのって! 浴衣で花火を見に行くとか初めてのデートで手をつなぐとか、これぞ青春!なほのぼのエピソード満載です。あと、七世のお友達の“のっち”がイイ味出してます。わりと軽めのストーリーで気楽に読めるので、育児中のママもぜひ! 早く11巻出てほしい~!(途中、休載してしまったので11巻がまだ出ていません)

『きょうは会社休みます』(11巻連載中)

【ストーリー】
青石花笑は33歳(年齢=彼氏イナイ歴)のOL。花笑の勤める会社にアルバイトとして入ってきた大学生(21歳)田野倉悠斗と、会社の飲み会(花笑の誕生日)の後に2人で飲んだことがきっかけで付き合うことに! 12歳差の恋愛はどうなる!?
試し読み

藤村さんは、アラフォー世代にはお馴染みのマンガ家さん(『サラダ日和』が大好きでした!)。『きょうは会社休みます』は少女マンガテイストをそのまま大人女子向けマンガに持ってきた、胸キュンど真ん中!なラブストーリーです。っていうか12歳差で?(しかも花笑のほうが年上)付き合う??ないでしょー!!!!とは思うものの、読んでるとついついニヤニヤしちゃいます。)田野倉くん、かっこよすぎ! そしてやっぱりもう1人の男性(花笑の会社と同じビルの別会社に勤務する朝尾さん)の存在が……。ありえないと思いつつ、少女マンガはこうでなくちゃね!なお話です。2016年5月に11巻が出たばかり! 続きが気になります~!

『潔く柔く』(13巻完結)

【ストーリー】
数話完結のオムニバス形式(メインは瀬戸カンナとハルタの物語)。カンナは高校1年の夏に、幼なじみのハルタを交通事故で失う。罪悪感にとらわれ、23歳になった今もずっと苦しみを抱えていたが、赤沢禄に出会うことで、カンナの気持ちに変化があらわれる。
試し読み

いくえみさんのマンガは中学生の頃から大大大好きで、ほぼすべて読んでいるんですが、『POPS』や『彼の手も声も』を久々に読んでみたら、ちょっと絵に時代を感じてしまったので、比較的新しい『潔く柔く』を。この作品はオムニバス形式で、回によって主人公が変わりますが(時間軸もバラバラ)、何といってもカンナとハルタの話が切ない! ラスト13巻でカンナがハルタの死を乗り越えるところが、すっごくイイんですよ! いくえみさんって描写が独特で、一番大事な部分は言葉じゃなくて絵で表現するんですよね。言葉がない分、余計に心にしみるというか。その表現が素晴らしくて、ああ好きだー!!っていつも思います。いくえみファンもそうでない方も、この機会にぜひ!

あとは胸キュン青春ストーリーなら『君に届け (1) 』(マーガレットコミックス (4061))もおすすめです!

ラブコメ系

続いては、恋愛中心ではあるものの、随所に笑いどころを入れてくる「ラブコメ系」。以前、かゆみが強いときってどうしてる? アトピーのかゆみ対策 でご紹介した『高台家の人々 1 (マーガレットコミックス)』試し読み)がイチオシですが、他にもあるのでご紹介!

『海月姫』(16巻連載中)

【ストーリー】
月海はクラゲ好きの18歳のヲタク女子。住人全員が腐女子という一風変わった共同アパート天水館に住み、楽しい日々を送っていた。しかし、自分とはまったく別の世界の人間だと思っていたオシャレ女子(女装をしている蔵之介)との出会いによって、月海はあらためて自分自身を見つめ直し、天水館を守るためにドレス作りを始める。
試し読み

ギャグマンガなので、もしかしたら好みが分かれるかもしれませんが、個人的にはとにかく面白いの一言。8時だよ!全員集合ネタとかチェッカーズのタカモクがどうのとかアラフォー世代にどんぴしゃな細かいギャグを入れてくるので、肩震わせながら読んでます。キャラの描き分けも秀逸で、私は特に三国志ヲタのまややが好き!(松苗あけみの『純情クレイジーフルーツ (続1) (集英社文庫―コミック版)』の実子に顔がちょっと似てます)月海と蔵之介が、今後どんなドレスを作っていくのか楽しみです!

『俺物語』(12巻連載中)

【ストーリー】
コワモテの剛田猛男は高校1年生。幼なじみのイケメン、砂川とは大の仲良し。でも自分が好きになる子は、ことごとく砂川のことを好きになってしまう。ある日、電車でチカンにあって困っている女子高生、大和凛子を助け、それがきっかけで2人はめでたく付き合うことに……。
試し読み

別冊マーガレットの連載なのに、主人公が男子高校生(しかも見た目がイカツイ)という設定が面白い! 猛男がとっても性格がよくてまっすぐで(でもやっぱり男子だから色々な煩悩と戦いつつ)大和と向き合う様子に、ほのぼのしちゃいます。我が家の長女も大好きで、よく読んでます! 若干コマ割りがスカスカな気がするのは……原作が河原和音、作画がアルコと担当が分かれているから?? でも、さらっと読めるので、忙しくてじっくりマンガを読む時間がないという方にもおすすめ!

『イタズラなKiss』(23巻未完)

【ストーリー】
相原琴子は高校3年生。F組であまり勉強のできない琴子が好きになったのは、A組の秀才、入江直樹だった。思いきって入江に告白するもアッサリ振られてしまい、傷心の琴子だったが、やっぱり入江のことが諦めきれず……。

ちょっと古いですが、ラブコメ系少女マンガの元祖といえば、『イタズラなKiss』。かっこよくて何でもできちゃう完璧人間(そして若干冷たいところがイイ!)の入江直樹が、ドジな琴子に振り回されつつも、少しずつ惹かれていく様子がとても楽しく描かれています。これも中1の長女がよく読んでます。入江くんのママとか弟の裕樹とかお友達の金ちゃんとか、脇役もそれぞれキャラが際立っててすごくイイんです! 作者の多田さんが連載中に急逝されてしまい……未完なのが惜しすぎる~!

『オオカミ少女と黒王子』(16巻連載中)

『イタズラなKiss』が好きな人には、映画公開で話題の『オオカミ少女と黒王子 1 (マーガレットコミックス)』もオススメです。主人公篠原エリカは、学校一のイケメンで腹黒(?)の佐田恭也が大好きで……と若干設定が似ていて、現代版の『イタKiss』だね!と勝手に思ってます。
試し読み

あとは、嵐の松潤&井上真央ちゃんでドラマ化されて高視聴率を記録した『花より男子―完全版 (Vol.1) 』(集英社ガールズコミックス)(試し読み)も有名ですがやっぱり面白い!

ヒロイン成長系

お次は、主人公が何かに熱中していて、それを通して成長していくヒロイン成長系マンガのご紹介。私、ヒロイン成長ものって大好きなんです。読んでてワクワクしませんか? 昔は槇村さとるが大好きで、『おいしい関係 1 (YOUNG YOU漫画文庫)』とかよく読んでました。

『ちはやふる』(31巻連載中)

【ストーリー】
小学6年生の綾瀬千早は、福井からやってきた転校生、綿谷新と出会い、小倉百人一首競技かるたの世界を知る。かるたを通じて惹かれあう千早と新。そんな中、新の祖父が倒れ、新は福井へ戻ることに。一緒にかるたを続けていた真島太一も受験勉強に専念するためにかるたをやめるという。ショックを受ける千早だったが、かるたを続けている限り、新にまた会えると信じ、高校で再会した太一とともにかるた部を創設する。
試し読み

これは、少女マンガという名のスポ根マンガ! かるたはもはやスポーツです! 千早のかるたへの情熱と成長、太一との関係性(イケメンの太一は千早に恋心を抱いています)、かるたを通じて再会した新との恋の行方など、見どころ満載! 千早がどんどんかるたの魅力に引きこまれていくさまがとっても素敵に描かれているので、百人一首なんて興味がないわ~という方もぜひ一度読んでみてくださいね。

『かくかくしかじか』(5巻完結)

【ストーリー】
絵を描くことが好きな林明子は高校3年生。マンガ家になりたいという夢をひそかに持ちつつ美大受験を目指し、絵画教師の日高のもとに通うことに。日高の熱血指導のおかげで美大受験を何とか乗り切った明子だったが、大学在学中はなかなかマンガが描けずにいた。卒業後、ようやく本腰を入れてマンガを描くようになり、仕事も少しずつ軌道に乗り始めた矢先、日高から1本の電話が入り……。
試し読み

これは基本的には明子(東村さん自身がモデル)の成長物語なんですが、同時に日高先生との日々を描いた手記のような趣もあり……笑って泣けて、ものすごくいいお話です。日高先生のキャラが強烈! でもラスト5巻は涙なくしては読めません……。マンガ大賞2015を受賞しています!

『THREE』(14巻完結)

【ストーリー】
岸森理乃は歌手デビューを控えた中学3年生。プロデューサーにルックス・歌唱力は十分だが人を魅了する何かが足りないと言われている。一方、理乃の同級生、中野目系は天然でどこか頼りない面もあるが、天才的な音楽センスの持ち主。2人は互いの才能を尊敬し、惹かれ合いつつもやがて別々のバンドで音楽活動を始める。
試し読み

かなり古いマンガ(1980年代)なのですが、今読んでもその魅力はちっとも色あせていません! 互いを思い合う強い絆と、恋心を抱きつつも音楽を愛しているがゆえに色々な場面で衝突してしまう2人の姿が鮮やかに描かれています。圭の実の父親のジェイと、その恋人の朱梨の死は……もう号泣もの!! 13巻からは怒涛の展開です! マンガって一度読むと満足しちゃうものも多いですが、これはことあるごとに読み直しています。(そしてそのたびに泣いてしまう)

同じく音楽をテーマにしたマンガといえば、矢沢あいの『NANA (1)』試し読み)。でもこちらは、『3 THREE』よりも重めのトーンで話が進みます。作者の矢沢さんは私が小中学生時代は新人のマンガ家さんって感じだったんですが(『風になれ!』とか)その頃からとにかく主人公が不器用でマジメで読んでるとちょっと苦しくなるというか……なので『NANA』も重めのお話です。でも、じっくりとマンガの世界観にひたりたい~という方にはおすすめ。

すべての婚活女子に

ちょっと番外編になりますが、現在、婚活中の女子にぜひとも読んでほしいマンガをご紹介!

『東京タラレバ娘』(5巻連載中)

【ストーリー】
倫子は33歳の脚本家。倫子、親友の香、小雪は幸せな結婚を夢見ていたはずが、いつの間にか独身でここまできてしまった。小雪の父親が経営する居酒屋でいつものように「あのときああしていたら」「こうしていれば」とクダを巻いていると、お店の常連の男性に「タラレバ女」と毒づかれて、3人は大ショック! 倫子はこの先、幸せをつかむことができるのか!?
試し読み

『海月姫』『かくかくしかじか』同様、東原テイスト満載のお話です。ギャグ要素もありつつ、心に刺さる言葉もあり、アラサー女子は身もだえしながら読んでいるのではないかと……。これは冒頭でご紹介した胸キュンマンガとは正反対のリアルアラサーマンガですね。結婚ってしたいと思ってもすぐにできるわけではないし、相手のこともあるからタイミングもあるし、そもそも、好きな人=結婚相手と単純には言えない部分もあるし……難しいですね。ストーリー的には、香の今後がとーっても気になります!

まだまだご紹介したいマンガがあるのですが、長くなるのでこのへんで……。
ではでは、また次回お会いしましょう♪

-おすすめ本紹介

Copyright© カラダMEMO , 2018 AllRights Reserved.