アトピーと外食

ヴィーガンメニューならアトピーでも大丈夫! キックバックカフェに行ってきたよ

更新日:

暖かくなったと思ったら、また寒さが戻り……三寒四温ですね~。アトピーっ子(男子、女子)の皆さん、お肌の調子はいかがですか?

この間、大好きなキックバックカフェに行ってきたので、そのご紹介を。



キックバックカフェ@仙川

ここは季節ごとにメニューが変わるのと、肉・乳製品・卵を使っていないVeganメニューがあるので、よく姉とランチをしに行ってます。

ちなみにこの日食べたのは、

▼【ヴィーガン辛味噌ラーメン】 ちょいピリ辛でとっても美味しいです! ラーメンが罪悪感なく食べられるなんてありがたいですよね。
IMG_1506

▼【ココナッツバナナタルトのキャラメルバナナ】ヴィーガンとは思えないほど濃厚で食べ応えバツグン! ココナッツ好きにおすすめです。
IMG_1513

それから、これは一緒に行った姉が食べていたのですが、
▼【トリプルベリーのヴィーガンチョコサンデー】 アイスが1種類選べるので、姉はヴィーガンのバニラアイスを選んでいました。ヴィーガンメニューでサンデー(パフェ?)があるのってすごいですよね!
IMG_1514
冬メニューはもうすぐ終わってしまうと思うので、お近くの方はぜひ~。ちなみに豆乳ラーメンもめっちゃ美味しいですよ!

外食って悩みますよね。一回きりだし楽しもう!と思えば、普通にお肉やら乳製品やら摂っちゃってもいいと思うんですが、ヴィーガンメニューのあるカフェをリストアップしておくと、多少調子が悪いときでもあまり悩まずに食べられるような気がします。

先月、義実家に行ったとき「お昼、うなぎかラーメンにする?」と聞かれて、その2択!?と突っ込みたくなりました。(長女の手首の調子が悪いので、結局、お魚のお弁当にしてもらいました(^-^;)

働いてると、どうしても付き合いで飲みに行ったりしなきゃいけないこともあるかと思いますが、自分の肌の調子をよく観察して、「今日は食べてもいい日」「なるべく肌に影響のないものを選ぶ日」などあらかじめ決めておくといいかもしれないですね。

春は冬の間に食べていたものが排出されやすい時期

ところで、春は年に一度のアトピー悪化の時期ですね。(我が家だけ?)冬の間に食べていたあれやこれやの噴き出しがあって、確か去年は長女→右頬に細かいプツプツ、右腕の関節がカユカユ、次女→肌がガサガサになって粉ふき、という状態だった気がします。

次女は、去年の夏に腕の関節、ひざの裏がひどくなって以降、自主的に給食の肉を控えるようになったので、今のところツルツルです。わーお、キレイ!

肉・乳製品を食べる → アトピー悪化して血まみれ → 肉・乳製品を控える → アトピーが治る、っていう過程を自分自身で体験したことが大きいのかもしれませんね。

給食の肉・乳製品を控えて、家では魚中心の和食を食べて、週に一回スイミングに通っているだけで、こんなにツルツルに。すーばーらーしーいー。
IMG_1522

ちなみに去年の夏は下のような状態で、ピーク時はこれよりも悪化していました。
IMG_1165
関連記事:噴き出しが起きても慌てない! 少食にして運動量を増やすことで乗り越えよう

な!の!で!
アトピーを治したいと本気で思っている方は、ぜひぜひ最初のうちは「肉と乳製品が入っているものは、ドレッシングやお菓子、料理に使うだしも含めて一切摂らないぜ!」「卵も大豆製品も魚も控えめにして、野菜たっぷり摂るぜ!」「ウォーキングがんばるぜ!」ってな勢いでキッチリやってみることをおすすめします。

もちろん、あまりストイックにやり過ぎるとストレスもたまるし長続きしないので、例えば1ヶ月とか3ヶ月とか期限を決めて、まずは「食事改善すると本当によくなるんだ!」「何かを摂るんじゃなくて減らすことが大事なんだ!」ってことを理解していただけるといいかと。

ネットには色々な情報が出回っていますが(散々もったいつけておいて、あたりさわりのないことが書いてあるだけだったり、〇〇化粧水とかアトピー商品をおすすめしているだけのサイトも多いですね(^-^;)、ナゾのアトピー商品とか必要ないですよ~。

これを塗ればアトピーは治る!なんてものは存在しないと思うんですよね。

やっぱり、アトピーを治す方法は食事改善!自分の体は自分が食べた物からできているので、アトピーを治したいと思ったら「体の中」から変えていかないと。

安心してください、アトピーは治りますよ。(キリッ)

もう何度も書いていますが、私が娘2人のアトピーを治すために「絶対に必要!」と思ったものは、『アトピーなんか飛んで行け!―アトピー克服実践マニュアル』だけなんです。

そして、この本をしっかり読んで、

  1. まずはアトピーの原因を知る
  2. それから自分の場合は何が原因になっているのかをしっかり考えて、当てはまるもの(肉・乳製品などの動物性脂肪、魚や卵・大豆製品などのたんぱく質、植物油など)を控えて食事を改善する
  3. 自分に合った運動をする(簡単なところではウォーキング、自転車、ジョギングなど。水泳とかジムとかでもいいですが、無理のない範囲で)
  4. 体にたまったものが抜けていくのを待つ

アトピーを治すためには、この4つのプロセスが一番大切で、あとは例えばシャンプーを変えるとか、洗剤を肌に優しいものにするとか、ガサガサがひどいときは保湿をするとか(でも、ガサガサのときって何をつけてもガサガサしますよね……)外からのケアも補助的に行うようにするといいのではないかと思います。

ちなみに、私はいつも『アトピーなんか飛んで行け!―アトピー克服実践マニュアル』を仕事をする机の上に置いておいて、気になることがあった時にはすぐに目を通せるようにしています。

購入した当初は、最初に載っている色々な湿疹の写真をじーーーーーっと眺めて、「娘たちの症状に近いのはどれだろう?」と考えることが多かったです。

本にも載っているのですが、「すぐにでも何とかしたい!」という方は、食事改善のページ(「5.飛んで行け!食のらくらくクッキング」)から読み、すぐにでも少食生活を始めるといいと思います。最初はとにかく少食ですよ!

具体的な食事メニューが知りたい、という方は「食事日誌拝見」のページが役立ちます。「よくできました」をもらってる方の食事メニューを参考にするといいかと!

アトピーの湿疹は、結局は食べ過ぎて余った栄養素が出てきているだけなので、少食にすることは本当に大事だと思います。

私は食べ過ぎたなぁと思ったら、翌日の朝と昼はジューサーでりんご&にんじんジュースを作って飲むか、ストックしてある「サンスター おいしい青汁」を飲みます。

これを朝と昼に飲んでおくと、夕方くらいになってお腹空いたかも……?という感じになるので、案外腹持ちもいいですよ!

関連記事:少食にすればアトピーが治る? 早く効果を出すためのプチ断食の方法

アトピーを治せるのは自分だけです。自分が何を食べてきたか一番知っているのは自分。(お子さんの場合はお母さまですね)

好きな食べ物とか体重とか体脂肪とか運動量とかステロイドの使用歴とか本当に個々で差があるので、こうしたらいい!っていうのは一概には言えないのですが、とにかくアトピーを治す方法は、食事改善に尽きると思います。(もちろん運動も大切ですが)

少しずつ、少しずつ治っていくので、待つことも大切ですね。自分の体を信じることも大切。忍耐力がいることですが……絶対に治っていくと思いますので、がんばっていきましょう!

……とあれこれ書いてきましたが、実は長女の右手首の調子がめっちゃ悪くてですね。ごにょごにょ。長女の場合はどうしても給食を食べてしまうらしく……。ううう。一応記録用に写真載せておきますので、見たくない方はスルーしてくださいネ!
IMG_1516

これ、右手首の内側から撮った写真なんですが……これまでにないひどさ! シクシク。給食、あと1ヶ月だよ……。卒業したら、きちんと食事改善しよう!(思春期なのか反抗期なのか、口うるさく言うと大喧嘩になるのであまり言えず(^-^; 女子は口が達者だよ!)

ではでは、また次回お会いしましょう~♪

-アトピーと外食

Copyright© カラダMEMO , 2018 AllRights Reserved.