スキンケア・ヘアケア

かゆみが強いときってどうしてる? アトピーのかゆみ対策 

更新日:

アトピーっ子(男子・女子)の皆さん、お肌の調子はいかがですか?

祝! ブログ開設1周年!ということで、今後とも当ブログをよろしくお願いいたします!(Nさん、お祝いコメントありがとうございます! お返事はまた別記事で……)せっかく1年続いたことだし、今後はなるべくマメに更新していきたいと思っております~。



特にかゆみが強いのは、植物油過剰型

というわけで、今回のブログは、アトピーの症状でもっとも辛いであろう「かゆみ」対策について。

皆さん、かゆみが強いときってどうしてますか? アトピーのかゆさって体の奥からわき出てくるような感じで、どうにもこうにも我慢できなかったりしますよね……。私も、右手の中指がカユカユだったときは(中指の写真はアトピー以外の効果も? 食事の改善で体はこう変わる!に載ってます!)、寝ながらうっすら意識がある中で、ラップの上からボリボリ掻いてました(^-^;

アトピーには、動物性脂肪過剰型、たんぱく質過剰型、植物油過剰型と色々な原因がありますが、中でもかゆみが強いのが植物油過剰型
『アトピーなんか飛んで行け!―アトピー克服実践マニュアル』にも、

植物油が血液中にだぶついた場合は、不飽和脂肪酸がやがて酸化されて、皮膚から漏れ出す時に痒みを引き起こし、掻き壊すことで湿疹を作るのではないかと考えています。このタイプの湿疹は痒みが非常に強いのだそうです。

とあります。

我が家の次女は、3歳の頃に植物油過剰型のアトピーを発症したのですが、言われてみればかゆみは強かった気がします。

特に耳の裏! ああー今なら写真撮っておくのに! 耳裏全体にびっしり白ニキビ(のような湿疹)ですよ。(そして、そこから膿のような黄汁がにじみ出てくる) 

耳の裏は本当にかゆかったみたいで、よくお昼寝から起きる直前(眠りが浅くなったとき)に掻きこわして血まみれになってました。うおぉ……。今では笑い話ですが、当時は私のほうが半べそかいてましたよ。。

なので、もし「全身かゆくてたまらんんんんん!」って方は、酸化した油が相当体にたまっている可能性が……。黄汁が出てる場合、食事改善の最初のうちは植物油をかなり制限したほうがいいと思います!

そんなこんなで我が家では、ポテチとかお煎餅とか植物油を使ったお菓子を食べ過ぎないよう気をつけています。

とはいえ、やっぱりね、子どもたちは食べたがるんですよね……。私としては、ポテチは月2回くらいでいいんじゃない?って感じですが、実際には月4回くらいですかねー。

週1回(土日のどちらか)に1袋(60g)を中1と小2の娘たちで分けています。(もちろん中1の長女のほうが体が大きいので量も多め)ポテチの味は、塩味か青のり味のどちらか。

コンソメ味は以前、アトピーが悪化してもチョコが食べたいときの対処法って? Kさんへのお返事でもご紹介した創健社 ポテトチップス(化学調味料不使用) 野菜コンソメ味 60g[創健社 ポテトチップス]を時々買ってます。

たまに時間がある時にはレンジでポテチを作ったりもしますが、じゃがいもをスライスして、重ならないよう並べて、焦げないようレンジでチンして、裏返して、さらにチンして……とちょっと手間がかかるので時間があるときにしかやってません。って、あれか! 並べてチンできるやつ(名前がわかならい)を買えばいいのか!と今思いました。。こんなやつですね。

それから、お煎餅は1日1袋(2枚)まで。私はおしょうゆ味の硬めのお煎餅を買いたいんですが、次女が塩味のサクサクッとしたものを好むんですよね。(油多いのに)

なので、塩味のお煎餅は、1日最大1袋と決めています。本当はもっと減らしたいんですが、暑くなってくるとお煎餅に手を付けなくなることも多いので、まぁいいかと。(ダメ?)夏は油抜きのチャンスな気がしますー。

かゆみが強いときには保冷材で冷やして乗り切ろう

我が家の娘たちを見ていて思ったんですが、かゆみが強くなるときって

  1. 汗をかいたとき
  2. お風呂上がりの体が温まったとき
  3. 寝付いてから数時間たって、眠りが浅くなったとき

が3大カユカユじゃないですか!?

あとは、次女がスイミングが終わって帰りのバスに乗っているときもちょっとかゆくなる~と言っていたような……。

『アトピーなんか飛んで行け!―アトピー克服実践マニュアル』の71ページには、かゆみ対策としていくつか対処法が載っています。

痒い所を冷やす(保冷材をガーゼに包んで痒い所に当てる)、血行を良くする(タオルで温める、足の指・ふくらはぎのマッサージ、足湯をする、手作り湯たんぽ)

我が家で実践しているのは、起きているときにかゆくて我慢できない場合は、ガーゼでくるんだ保冷材で冷やすこと。

キズが広がってきて寝ているときに掻いてしまいそうな場合は、あらかじめキズパワーパッドを貼って包帯グルグル巻き(かなり広範囲に巻きます。指突っ込むの防止!)にすること。

汗をかいてかゆいときには、濡れガーゼで拭くこと。かゆみが強いときは、お風呂もさっと入ってすぐに出ること。

あとは、例えば顔とか首とか包帯負けないところは……いさぎよく諦める!(ってこれはもはや対策でも何でもない……。けど、方法がないんだよーーー( ;∀;))

そんなにかゆいなら掻いちまえ! 少食にして運動すればそのうち治るから!ってある適度開き直ることも必要かと……。

だってかゆいのに掻かないようにするなんて不可能だもん! 体にたまった余分な栄養素が抜けていくと、自然にかゆみはおさまってくるので、ある程度どっしり構えるということも大事かもしれませんね。

朝起きたら急にかゆみがおさまっているなんてミラクルはありえないので……。時間も必要です! いやでもねー、実際掻いてひどくなると辛いんですよね……。

一番のかゆみ対策は、少食にすること

かゆみが強いときの一番の対策は、やっぱり少食にすることだと思います。

夜、かゆみでなかなか寝つけなかったり目が覚めてしまったりする場合は、肉と乳製品を完全除去して、数日間はタンパク質の量を少なめにすると少し楽になるのではないかと。

特に夕飯は少なめで! あとは思いきってプチ断食しちゃうのもいいですよー。そして、可能であれば毎日ウォーキングしたりと運動量を増やす!
(参考:少食にすればアトピーが治る? 早く効果を出すためのプチ断食の方法

我が家の次女(超食いしんぼう)は、さつまいも・かぼちゃに続いて、お魚(特に鮭とさんま)も大好きなんですよ。

昨日は、6月の給食で唯一お肉の入っていないお魚メニューの日だったので、喜んで完食してきてですね。さらに、学校から帰ってきてパルシステムで届いたあんパンもモリモリ食べて(もう終わり!って言っても、1つじゃ終わらないのが辛い……)何かこれ食べ過ぎじゃね?って思ってたら、案の定寝るときになって「ママ、左腕の関節がかゆいんだけど」と。

もーーーだから言ったじゃん!ってなわけで速攻で包帯グルグル巻きにしたんですが(今は湿疹がほとんど出てないのでキズパワーパッドは無し)、久々に「チクチクして」とお願いされました。

チクチク=包帯の上からかゆい部分を私が指でチクチクしてあげること。なんですが、これがね、「違う!もうちょっと右!」「そこじゃない!もっと下!」とかめっちゃ指示出しされるんですよ。

次女はそこまでかゆみが強くないのでいいですが、長女が幼稚園時代(「飛んで行け!の会」を知る前)はチクチク地獄だったなぁ……とぼんやり思い出しました。

当時は食事の調整ができてなくて、ただ包帯を巻いてごまかしていただけだったので、長女もかゆくてかゆくて仕方なかったんでしょうね。寝つくまでずっと「チクチクして」、夜中目が覚めたらまたしても「チクチクして」で、私は次女の授乳もあったため面倒くさいわ眠いわでイライラしてしまうこともあったような……。

その頃はまだかゆくなる理由がかわからなかったので、長女にむかって「掻いちゃダメ!」と鬼の形相で言ってたこともありました。(ごめんよ、長女)本当に、『アトピーなんか飛んで行け!―アトピー克服実践マニュアル』に出会えてよかったよ……。

夢中になれること、癒されることを見つけておこう

あと、これは特にかゆみを抑える効果があるわけじゃないんですが、何か夢中になれることがあると少しの間、かゆみが気にならなくなるかなと。

私の姉は高校時代からずっとアトピーで、特にOL時代はひどかったんですが(今は「飛んで行け!食」でかなりキレイになりました!)、アメリカンドラマ(「フレンズ」とか「アリー」とかめっちゃベタなやつ)を見てるときは、すっごく楽しそうでしたねー。

映画でもマンガでもライブDVDでもゲームでも、自分にとっての癒しがあると少しは違うような気がします。そいういうものが、自分を支えてくれたりしますし!

私は今は『高台家の人々 1 (マーガレットコミックス)』にハマっています。

5巻まで出ていて、綾瀬はるかちゃん主演で映画化もされたので、知っている方も多いかもですが、これね、めっちゃ面白いんですよ! 主人公の平野木絵ちゃんは、いたって普通の地味OLなんですが、小さい頃から空想癖があって、何かあるとすぐに頭の中であれこれ空想をし始めるんです。

で、ある時、青い目(祖母がイギリス人)の高台光正さん(ものすごくかっこいい)がニューヨークから人事移動でやってきます。実はカレは人の心が読めるテレパスで、ふだんはなるべく人の考えが頭の中に入ってこないようにしているのですが、木絵ちゃんの空想だけはとても気にいり、2人はめでたくお付き合いすることに……というお話です。

木絵ちゃんの空想が爆笑ものなので、気になる方はぜひ読んでみてくださーい。

ということで、今回はかゆみ対策についてでした♪

そういえば『アトピーなんか飛んで行け!―アトピー克服実践マニュアル』にはかゆみ止めとして「ユースキン」も載っていますね。私は使ったことはないですが、そういったものも適宜使いながら、徐々にかゆみがおさまってくるのを待つのもいいかもしれません。食事の改善を続ければ少しずつかゆみもおさまってくるので、自分に合う方法で、気長にやっていきましょう! ではでは、また次回~。

関連記事:アトピーの保湿どれがいい? ホホバオイル、馬油、スクワランオイルの特徴

-スキンケア・ヘアケア

Copyright© カラダMEMO , 2018 AllRights Reserved.