アトピーと食事

アトピーが治るまでは時間がかかる! 辛いときこそ食事を見直そう

更新日:

昨日の関東は寒かったですね~。思わずヒートテックを着てしまった管理人です、こんにちは。皆さま、お肌の調子はいかがでしょうか?

先日、アトピーの話ができる唯一のお友達が我が家に遊びに来てくれました。アトピーの話ってなかなか人にはできないですよね……。実は、そのお友達はアトピー持ち。いつも会うと、お互い(&娘2人)の肌の調子を話しつつ、あーでもないこーでもないとアトピーについて相談し合っています。

アトピーが治る道のりって決して平坦ではなく、噴き出しが何度もあるので「本当にこのやり方で合っているんだろうか?」と不安になることも多いんですよね。そういう時に、相談し合える相手(身内でも友達でも)がいると、すごく心強いんじゃないかと。

でも、身内は敵になることもありますよね。我が家の場合は夫! 4年前、下の娘のアトピーがひどかった時「病院に行って薬をもらってきてくれ」攻撃がすごくて参りました……。ええ、もちろんステロイド剤は塗りませんでした。でも、ワセリンをもらってきて塗っている「ふり」はしていました。オホホ。良い子の皆さんはマネしないでね!

このブログを見てくれている方の中には、中学生や高校生、大学生もいるでしょうか? まだ学生さんの場合は、ぜひ自分のお母さんにも、「アトピーの原因って食べ過ぎなんだよ、食事を改善して体にたまっているものを全て出してしまえば、自然にアトピーは治るんだよ」ということを伝えてください。

母親は毎日のご飯を作ってくれる存在ですから、アトピーへの理解を深めてもらうことは必須! 自分で説明するのが難しかったら、
『アトピーなんか飛んで行け!―アトピー克服実践マニュアル』を一緒に読むのもいいと思います。

私はぶっちゃけ、これ一冊あればアトピーを治すことができると思っています。そのくらいアトピーを治すために必要なヒントがいっぱい詰まった本なので、ぜひぜひ一度は目を通してみてくださいね。中身を見てからじゃないと買えない……という人は今すぐ図書館へGO!ですよ~。



アトピーの症状がなかなか良くならないときは、一から食事を見直そう

あっ、また話がズレてしまった(^-^;
で、ですね。私のお友達が、最近ちょっと肌の調子が悪い……ということで、何を食べ過ぎているのか? 今後どういう食生活を送ったらいいのか?という作戦会議を練ったんです。

まずは、症状から。
お友達の場合は、頭皮がジュクジュクして浸出液が出てくるので、朝になると髪がベタ―ッとくっついてしまっているそう。
それから、まぶたが腫れて二重の線の位置が変わってしまっていて、おでこや頬のあたりもピンク色に腫れていて、顔全体が重い、と。
花粉の影響か涙が出てきて、下まぶたがかぶれてしまうと言っていました。
それから、ひどいのは首。首もジュクジュクしているかな? 結構痛そうでした。
最近は、腕や足にもプツプツが出てきていて、胸のまわりもジュクジュクしているそう。

おっと、こう書くと結構出ていますね。
女子の方はわかるかと思うのですが、胸のまわりがジュクジュクしてかゆいのって辛いんですよね……。
寄せて上げる系のブラは絶対できないし、私のお友達もブラ問題で悩んでおりました。
オシャレ心は置いておいて、とりあえず木綿のシンプルなブラが一番か……。

そんなわけで、お友達に、どうしてなかなかアトピーが飛んで行かないのか?を突っ込んで聞いてみると、やっぱり食べちゃってるからかなーと。
うんうん、わかります。仕事してるとね、きっちり食事の改善するって難しいんですよね。
会社の飲み会など付き合いもあるし、ストレス解消に美味しいものだって食べたい、わかります、わかります!
女子の場合は、生理前になるとやたらと甘いものが食べたくなるという欲求もありますもんね。
でも、でもですよ! ここは心を鬼にして、早く治したいならきっちりやるべきなんじゃないかと。
お友達の症状を見てると、動物性脂肪過剰型と植物油過剰型のミックスかなーという気がするんですよね。

お友達の場合、『アトピーなんか飛んで行け!―アトピー克服実践マニュアル』を読んでから、家では肉や乳製品をなるべく食べないようにして、きっちりやっていた頃は結構症状がよくなったらしいんですが、一旦、お付き合いで外食をしてあれこれ食べてしまうと、その後もズルズルと食べてしまう……と。
うん、これもわかるーーーーー! ダイエットもそうじゃないですか?
よし、ダイエットするぞ!と決意して、最初のうちは頑張って摂生できていても、一旦ピザやらハンバーガーやら高カロリーのものを食べてしまうと、タガが外れたように食べてしまって、リバウンド……。
女子なら一度は経験ありそうですね(^-^;

女子の場合は、やっぱりお菓子をガマンするのが大変なのかなぁと。
お友達も、「家にお菓子があると、1つくらいイイよね、ってどうしてもつまんじゃう。でもそれを何度もしちゃったら、やっぱり食べ過ぎだよね。」と。
実家暮らしの人は、親が買ってきてくれたり作ってくれたりしたものを食べないっていうのは、結構難しいことですよね……。

で、その後も色々と話し合い。
家でのお砂糖どうしてる? 白砂糖やめて、てんさい糖を使ってるよー。
コンソメ系は何を使ってる? チキンブイヨンとかチキンエキスが入った一般的なコンソメじゃなくて野菜ブイヨンがいいよね。
油はどうしてる? 炒め物が多かったかも……。白ごま油を煮物やお味噌汁にまわしかけるくらいがいいかな。
ドレッシングに油入ってる? 手作りでノンオイルにするよ。
などなど細かいところを確認。
自分一人で考える時には、過去一週間分くらいの食事を覚えてる限り全て書き出して、食べ過ぎていたものを分析してみるといいと思います。
(めんどくさいって言わないでー。頑張れ、アトピーっ子たち!)

症状がひどいときは、一週間くらい「飛んで行け!おじや」でもOK

お友達はやっぱり肌を良くしたい!と言うので、じゃあ、どうしたらいいのか?を2人で考えて、まぶたが腫れてるってことは食べ過ぎのサインだから、まずは胃腸を休めるためにも断食だ!というわけで、
『「食べない」健康法 (PHP文庫)』を参考にしつつ、『アトピーなんか飛んで行け!―アトピー克服実践マニュアル』に沿って一週間のメニューを考えました。(大雑把ですが。)症状が全身に出ていてひどい場合、一週間くらいは「飛んで行け!おじや」を食べるといいそうです。
(詳しくは、「少食にすればアトピーが治る!? 早く効果を出すためのプチ断食の方法」を見てくださいね~。)

1日目 朝昼夜 リンゴ・人参ジュース(1食につきリンゴ1個・人参2本を使って手作り) お腹が空いたと感じたら、黒砂糖入りの生姜紅茶を飲む。
2日目 朝昼  リンゴ・人参ジュース  夜 飛んで行け!おじや(たんぱく質の白身魚は2口まで)
3日目~7日目 朝 リンゴ・人参ジュース  昼 うどん  夜 飛んで行け!おじや

どうでしょう? あ、飽きるかも?(^-^; うどんとおじやは野菜や味付けを少し変えるだけでも、バリエーションは増えるかなぁと思うのですが。
お友達は、一週間これをやってみて、一週間が過ぎたら、あとは自分の肌の調子を見つつ昼と夜は和食メニューにすると言っていました。
うん、でもまぁ、人間ですから、カンペキにやる必要はないんですよね。食べちゃっても翌日からまたやり直せばいいんだし。

私のお友達のように「今、全身に症状が出ていて辛い」という方は、最初の1~2日は断食をしたり、一週間は飛んで行け!おじやでダイエットをするなど、食事改善の最初だけは頑張って食事量を減らすと、症状がぐっとラクになると思います。
あ、もちろん噴き出しはありますからね。最終的によくなるまでには、1年も2年もかかると思ったほうがいいですよ。
でも、食事改善は、やったらやった分だけ、効果が出るはず!
(でも減らし過ぎもダメです。特にたんぱく質は適量摂らないと筋肉まで減って代謝が落ちてしまうので、お魚や大豆製品は適度に。
それから植物油も、白ごま油などを1日に大さじ1/2~1杯くらい(大人の場合)はとらないとリノール酸不足になってアトピーは逆に悪化します。)
自分の肌の調子を見ながら、食事改善を頑張っていきましょう!

暑くなってきたからとクーラーの効いた部屋にばかりいるのもダメですよー。
症状がひどい時こそ、ウォーキング! これからの季節は、涼しい時間を見計らってウォーキングするといいと思います!
(全身ジュクジュクだった女性が、毎日2時間ウォーキング&食事の改善を頑張ったら、やっぱりすごく良くなったそうです!)

というわけで今回は、食事の改善も運動も、めんどくせーって時はムリをしなくてもいいんですが、まずはできるところから始めてみるといいよ、ということで終わりたいと思います。
ではでは、また次回お会いしましょう♪

-アトピーと食事

Copyright© カラダMEMO , 2018 AllRights Reserved.