アトピーの症状

アトピーで一番知りたいのは症状と原因? 当ブログの人気記事ランキングをチェック!

更新日:

ごごごごご無沙汰しております。なかなか更新できませんが、アトピーっ子(男子・女子)の皆さん、お肌の調子はいかがですか?
祝!ブログ3ヶ月更新~!ということで、無事に3ヶ月が過ぎました。
(うっかり、放置しそうになったよ……。いかーん!!)



3ヶ月間の人気記事ランキング

というわけで、当ブログの3ヶ月間のPV数ランキングをご紹介します!

まずは第5位!
食べ過ぎると湿疹ができるのはなぜ? アトピーと食べ過ぎの関係

どうして食べ過ぎると湿疹ができるのかって一番知りたいことですよね。
ママさんの場合、授乳中にチョコやらケーキやら唐揚げやら食べると、母乳が詰まって乳腺炎になるので、「食べ過ぎると体に影響が出る」っていうのは理解しやすいかと。でも、男性の場合は、なかなかピンとこないかもしれませんね。

よくわからない……という方は、ぜひ一度
『アトピーなんか飛んで行け!―アトピー克服実践マニュアル』を読んでみてくださいね。
どうしてアトピーの症状が出るのか、何が原因なのか、食生活をどう改善したらいいのかということが詳しく載っているので、これを読めば納得していただけるかと。
アトピーを治すためには、食事の改善+運動+気長に待つということが大切です。

続いて、第4位!
お菓子を食べるとアトピーが悪化する? 上手な間食のとり方

これは、お子さんとか女子とかお菓子好きの方にはぜひ読んでほしい!
お菓子は楽しみの部分もありますから、全部やめようと思うとストレスがたまってしまいますよね。(ドカ食いにつながるキケンも!)食事改善を長く続けるためにも「食べてOKおやつ」をストックしておくようにして、自分の肌の調子も見つつ上手に付き合っていけるといいなと思います。

ちなみに、チョコを食べたいときのおすすめのおやつがコチラ。

IMG_1331

IMG_1336

これ、森永から出てるお菓子なんですよ。すごくないですか!? アトピー歴30年?の大ベテランの姉が買ってくれました~。姉曰く、薬局とか病院の売店とか健康を気にする人向けの場所にしか売ってないそうで……。私もまだ近所で見たことがありません! こういうお菓子が気軽にコンビニやスーパーで買えるようになるといいなぁと切に願っております。

森永製菓 マクロビ派ブラウニー

続いて、第3位!
少食にすればアトピーが治る? 早く効果を出すためのプチ断食の方法

これも大事! すっごく大事なことですね!
とにかくアトピーがひどいとき&アトピーの食事改善の始めの1週間は、なるべく少食にしたほうが治りも早いと思います。
タンパク質過剰型の場合、少食にするとそれだけでも痒みが減ったりするので、もうとにかく体中湿疹だらけで辛くて辛くて……という方は、私がしつこくおすすめしているりんご&にんじんジュースを飲んだりしながら、プチ断食にチャレンジしてみてくださいね。

続いて、第2位!
噴き出しを乗り越えればアトピーは治る! アトピーが治っていく過程

噴き出し! ありますね~。
我が家の下の娘は、今回、4月から7月まで食べていた給食の影響で、腕の関節やら膝の裏やらに動物性脂肪過剰型の湿疹が出ていたのですが、7月20日(夏休み)から食事の改善を始めて、まだ完璧には治っておりません。長い~! ほんと参っちゃいますよ。
でも、治ってきてるね!って感じはかなりあります。(ああ、良かった。)

娘の場合、昼間はそれほど痒くないようで、今までもあまり掻いていなかったのですが、夜寝てる間にボリボリボリボリ(音が聞こえる)掻いてました。
私も気がついたときには、娘の手を払って、かわりに優しく掻いてあげたりしてたんですが、いつもそれができるわけでもなく……。

で、ちょっと治ってきた → 噴き出しでまた悪化(したように見えるけど体に溜まってる分は減っている) → またちょっと治ってきた、の繰り返しで、今は夜中に少し掻くくらいになってきました。

あと1ヶ月くらいかな? (と前にも言っていた気がする……。自然治癒なので、長くかかるのは仕方ないですね。うん。と言い聞かせてます(^-^;)

そして、栄えある第1位は……
あなたのアトピーはどんな症状? 湿疹の種類とその原因

ふむふむ、やっぱり皆さん、自分のアトピーは一体何が原因なんだろう??ってことが一番気になるところですよね。
これまでの食生活を一度ゆっくり振り返ってみると、「肉を食べ過ぎてたかも……」とか「乳製品大好きだからなぁ……」とか思い当たることがあると思うので、そこを中心に食生活の改善をしていくといいと思います!

基本は、動物性脂肪(肉・乳製品)をできる限り摂らないようにして、1食につき「野菜たっぷり+魚(または大豆製品か卵)のおかず+ご飯+味噌汁」の和食メニューにすることかと。

あと、動物性脂肪&植物油の摂り過ぎの場合は、運動も大事! ウォーキング、ジョギング、自転車、プール、ジム通い……自分にあった方法で、できる限り長く続けられるものを選ぶといいと思います。

え? 私? たまに……腹筋やるくらいですかね……。すみません……。

来月には、アトピー歴うん十年の友人と、表参道界隈をグルグル歩いてカロリー消費しようぜ作戦を決行しようと思っています。美味しいグリーンスムージーのお店があったら、またブログで紹介しますね~!

咳には、さといもパスター&れんこん湯が効く

ところで、先週は下の娘が熱を出し、今週は上の娘が熱を出し……と我が家の娘たちは順番に風邪をひいておりました。2人とも鼻水と咳と熱なので、典型的な風邪ですね。ちなみに我が家の下の娘、生まれてから一度も風邪薬を飲んだことがありません。風邪をひいたら、少食にして暖かくしてゆっくり眠る、それから咳に関してはさといもパスター&れんこん湯で治しています。

さといもパスターはマクロビオティックのお手当です。私はいつも
『からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て 新訂版』を参考にしています。

食べ物が薬がわりになるって面白いですよね。でも、逆に言えば、それだけ食べ物は体に影響を与えるのだなぁとしみじみ思います。
参考までに、作り方を載せておきますね~。

【れんこん湯】 せき、たん、のどの痛み、気管支炎、ぜんそくに

●材料(1回分)れんこんおろし汁 大さじ(特に節の部分がよい)、しょうが汁 2、3滴、自然塩 少々、水 大さじ6~9
●つくり方&飲み方 鍋に分量の水を入れて火にかけ、皮つきれんこんのすりおろし汁と塩、しょうが汁を加えてサッと煮たてます。沸騰する直前に火からおろし、温服します。1日2~3回

高熱を伴う場合、れんこんおろし汁、しょうが汁、自然塩を合わせてそのまま飲む生蓮汁のほうがいいそうです。

【さといもパスター】 腫れもの、炎症、痛みなど
●材料 さといも 大1個~、小麦粉 さといもと同量~2倍、しょうがおろし さといもの1割
●つくり方&手当て法 皮をむいたさといもをすりおろし、しょうがおろしと小麦粉を加えて、耳たぶよりややゆるめのかたさになるように箸で練ります。これをもめん布に1~1.5センチ厚にのばして患部にあて、通気性のよい布で落ちないようにおおいます。有効時間は4時間。

ちなみに、さといもパスターはしょうが湿布(しょうが汁+水を火にかけたものにタオルをひたして絞り、そのタオルを患部にあてること)をしてからやるのが基本らしいのですが、そんなの面倒くさくてできん!というわけで、我が家では

①国内産の冷凍さといもをレンジでチンしてすりおろす
②小麦粉としょうがおろしを混ぜ、キッチンペーパーでくるむ
③患部にあてる部分とは反対の側にミニカイロを貼り、ガーゼでくるんで喉の少し下にあてる
という方法でやっています。(パジャマに紙テープで固定)

すみません、これめっちゃ自己流なので、ちゃんとマクロビオティックやってる人からしたら、レンジ使うの!?とか冷凍さといも!?とか突っ込みどころ満載かと思うので、先に謝っておきます。でも、これでも一応効いているのでいいかなと……。あああ~ズボラですみません。ちなみに里芋粉も使ったことがあるのですが、効き目が強すぎるのか、娘たちは肌が赤くなって少し痒くなってしまったので、今ではこの方法に落ち着きました。

熱が出た後、アトピーの症状は良くなる? それとも悪化する?

話が少し横にそれますが、皆さんは熱が出たとき、アトピーの症状が良くなりますか? それとも悪くなりますか?

風邪をひいているときは少食になるので、それなりに症状も落ち着いているかと思うのですが、熱が出終わった後に症状がよくなるのがたんぱく質過剰型、悪くなるのが動物性脂肪過剰型だそうです。

私がアトピーを治す上でこれさえあれば安心!というかこれがなかったら絶対に治せない!アトピーっ子は絶対持っておくべき!(しつこい)と思っている『アトピーなんか飛んで行け!―アトピー克服実践マニュアル』には、こんな記述があります。

風邪などで高熱を出した後、症状が軽減しやすいのもこのタイプ(タンパク質過剰型)の特徴です。感染症では免疫系や熱の産生にタンパク質をたくさん消費するので、過剰状態が解消されやすいのではないかと考えています。

このタイプ(動物性脂肪過剰型)の子どもは、秋口によく熱を出します。秋口になり動物性脂肪がさらに固まりやすくなると、血液の粘度が上がるため、それを海洋しようと体温が上がるのだと思います。
(中略)
このタイプ(動物性脂肪過剰型)の人は高熱の後悪化しやすいのですが、体内の動物性脂肪が融け出て、平熱に戻ると皮膚に排出されやすいためだと考えています。

確かに、長女(大豆製品が大好きでタンパク質過剰型の湿疹が出やすい)は熱が出た後、腕やら手首やらの湿疹がキレイになっていたような……。逆に、動物性脂肪過剰型(給食の肉を残さず食べていたそう)の次女は、熱が出終わった後に腕の湿疹が少し悪化し、しばらくしてからまたキレイになりました。

ああ~、不思議ですね、人間の体って。

でも、子育てをしていると、「体は食べたものでできている」というのを実感します。

アトピーもそう。アトピーの原因は食べ過ぎ(肉や乳製品の食べ過ぎ、魚・大豆製品・卵などの食べ過ぎ、植物油の摂り過ぎ)なので、食べ過ぎを見直して少食にして、運動をいーっぱいすれば、自然に治っていきます!

時間はかかりますが(年単位)、一年前に比べたらすっごく良くなってる!ということを実感できるようになると思うので、今、アトピーで悩んでいる方はとにかく『アトピーなんか飛んで行け!―アトピー克服実践マニュアル』を熟読しつつ、食事の改善&運動量を増やすことをしていくといいと思います。

一緒にがんばりましょう!

というわけで、恒例(?)のドルトムントの試合の感想を。

今回は清武選手(背番号10ですよ! キヨすごい!)率いるハノーファーとの試合でしたが、4-2でドルの勝利! やっほーい。でもでも今回はキヨのスルーパスがすっごく良くてですね。敵ながら、おおーっ!と思いました。

そして、我らが香川選手も代表戦後で疲れは相当あったでしょうが、ギンターに絶妙なパスを上げて、勝利に貢献していました。香川が活躍すると、脳内で「かーがーわーしんじーシャララ~」ってのが流れるんですが、私だけですかね。

そんなこんなで10月のバイエルンとの対戦が今から楽しみで仕方ない管理人でした。しかしヤヌザイくん(マンUからのレンタル)は、もう少しがんばれ!

というわけで、また次回。次回は……もう少し早く更新したいと思っております!

-アトピーの症状

Copyright© カラダMEMO , 2018 AllRights Reserved.