アトピー以外の症状

冬の手荒れはラップで治す! 湿潤療法の効果って?

更新日:

ご無沙汰しております。ブログの更新をしないまま時が過ぎていっておりますが、ワタクシ、生きております……。アトピーっ子(女子・男子)の皆さん、お肌の調子はいかがですか?

今年の11月は暖かいですね~。例年、11月ってもっと寒かったような……。せっかくチェスターコートを新調したのに、なかなか着れないぞ!



手荒れにはラップ!

話は変わって……私の手荒れのお話を。

10年くらい前から、毎年冬になると右手の親指の爪のあたり&中指が痒くなって赤くなったり膿んだりするようになってしまってですね。

で、娘のアトピーを治すために、私も一緒に肉と乳製品(というか主に乳製品ですね。アイスやらチョコやらケーキやら……)をやめたら、少しずつ少しずつ治ってきて、今では親指はまったく荒れなくなりました。

でも、まだ中指が残っている……!

今年は10月に入ってから、お付き合いやらお友達との会食やらで外食が多く、気付けば中指が悪化。
「ん……ちょっと痒い……」
「やばい……痒くてちっちゃいブツブツ出てきた……」
「赤くなって悪化してる……」
という段階を経て、こんな感じになってしまい……
(若干、閲覧注意かもです(汗) 苦手な方はスルーしてくださいませ。)

人と会うのにこのブツブツ状態はまずい……とキズパワーパッドで隠していたのですが、どんどん広がってしまい、「そうだ! ラップだ!」と思いついて一晩ラップをして寝たのがこの状態です。おおう。我ながら恐ろしいっす。お風呂上がりみたいな状態になって皮がふやけているのは、ラップを巻いていたからです。ところどころ黄色い膿のようなものがついているところもあり、これは外食の影響ですね。

IMG_1411

こちらは別角度から。
IMG_1414

なぜにラップかというとですね。

昔むかーし、お医者さまのブログで、形成外科では湿潤療法(消毒はせず、傷口を水道水で洗って、防水性のフィルム剤などで覆って治療する)を取り入れているという話を読み、そこに主婦手湿疹も治るよ、ラップでもOKだよ的なことが書かれてあったんですよね。

私の手荒れは、軽いアトピー&乾燥が原因なので、だったらラップで治るんじゃないか?というわけで実験することにしました。ラップ巻いて、テープでとめるだけ。楽ちん! お金もかからない! そして自分のチカラで治せる! 素晴らしい~。

問題は、ラップの巻き始めはめっちゃ痒いこと(2~3日でおさまります)、治るまで患部が少々ニオうこと、外出するときに手にラップを巻いているので怪しいこと、あとは時間がかかることくらいですかね。(あれ? デメリットたくさんある!? でも安上がりですよ!)今日も娘の授業参観にラップを巻いていったら、なんで指にラップ巻いてるの!?とママ友に聞かれてしまいました。ハハ。

そんなこんなで、今はこのような具合です。

IMG_1441

IMG_1442

だいぶよくなってきました~。ラップ巻いてただけなのに……! 湿潤療法すごい。でも、外食でケーキなどを食べると、途端にカユカユになるので、やはり肉と乳製品は避けたほうが治りが早いですね。

湿疹に関しては、やっぱりアトピーなんか飛んで行け!―アトピー克服実践マニュアルに書かれてある通りだなぁ、としみじみ思います。ほんと、この本すごいです。

アトピーを治したいと思ったら、何かをプラスするよりも「やめること」「減らすこと」が大切

アトピーの湿疹が出たときって、まず知りたいのは「原因」と「治し方」ですよね。でも、皮膚科に行っても薬が出されるだけで、具体的な「原因」と「治し方」を教えてもらえることってなかなかないと思うんです。(薬は症状を抑えるだけなので、「治し方」には入らないかと……。)

で、ネットで色々調べてみても、ごくあたりさわりのないこと(バランスのいい食生活、腸内環境を見直す、規則正しい睡眠、肌に触れるものは化繊をやめる、洗剤を変える、シャンプー・リンスを変える……)が書いてあるか、もしくは「〇〇というサプリを摂ったら良くなりました!」みたいな何かを「食べたり」「飲んだり」「肌につけたり」とプラスすることで治りました的な宣伝めいたものが多いですよね。

でも、アトピーを治したいと思ったら、何かをプラスするよりも、「やめること」「減らすこと」が大切になってくるんです。

『アトピーなんか飛んで行け!―アトピー克服実践マニュアル』には、

「アトピーの原因は「食べ過ぎ」ですよ。まずは肉と乳製品をやめて、植物油を一旦減らして、たんぱく質(魚・卵・大豆製品)も摂り過ぎないようにして、少食にしましょう。アトピーの湿疹は、体にたまっている余分な栄養素が皮膚から排出されているだけなので、それが抜ければ治ります。運動いっぱいしましょうね」

ということが、ほんと~にわかりやすく書いてあるんです。

体験談も載っているし、1日の食事メニューも具体的に載っているし、噴き出しのことも詳しく書いてあるので、「ちょっと治ってきたのにまた悪化しちゃった(泣)」っていうときでも、心折れずにすみます!(いや、ほんと実際、私も娘2人のアトピーが治っていく過程で、心折れそうになったので。。)

アトピーが治る過程は、本当に少しずつです。1歩進んで喜んでたら、噴き出しで2歩下がる、ということもあります。(肉と乳製品の噴き出しはしつこい)でも、最後の方になると、ぐんぐんぐんぐん良くなっていきます。

だから、大丈夫ですよー。

今、「自分はこんなにひどいのに本当に治るのかしら」と不安になっている人でも、『アトピーなんか飛んで行け!―アトピー克服実践マニュアル』に書かれてある通りに食生活を改めて、運動量を増やして、体から余分な栄養素が抜けていくのを待っていれば、絶対に治ります。自分の体を信じてくださいね。

なので、アトピーに悩んでいる方は、ぜひ今日から食生活の改善を! え? 肉がやめられない? ケーキやチョコがやめられない? いやいや、そこを何とか!

最初はね、ほんと辛いと思うんですけど、肉と乳製品を思いきってスパっと(最初はありとあらゆるものを。スープの素とかドレッシングとかゼラチンとかも)やめないと治らないので、ぐっとこらえつつ代わりのものを買ったりして、何とか頑張ってみてください~。

ちなみに、私は子どもの頃は唐揚げ大好きっ子でしたが、今は自然食品店で「板麩」という板状のお麩を買ってきて、水+醤油+生姜すりおろし+にんにくすりおろしに漬け込み、お麩が柔らかくなったところで小麦粉をまぶして油でカラリと揚げて食べています。唐揚げの皮の部分に近い!と思っているのですが、娘に言わせるとちょっと違うそうです(^^;

ナチュラルハウスなどの自然食品店には、アトピーの治療中でも食べられるものが結構あるので、ぜひぜひご近所の自然食品店に行ってみてください。(ただし、買う前に裏の原材料を必ず見て、肉や乳製品が入っていないか確認してから!)

マクロビオティックのお菓子は、動物性食材&白砂糖が入っていないので、食べられるものが多いです。今年はクリスマスケーキをどこのお店で買うか考え中なのですが、決まったらまたお知らせします!

ところで、最近寒くなってきたので、外でウォーキングとか辛くなってきますよね。でもアトピーを早く治したい場合は運動をしたほうがいい。(そして運動をすると自律神経も安定するらしいので、アトピーの状態があまりよくなくて落ち込んでしまう……というときにもおすすめです!)

でもジムにわざわざ通うのも……ってときには、エクササイズDVDを使って家で運動するっていうのはどうでしょう。

私、もうすぐ誕生日なので、買おうかなーと思っているのがあってですね。その名もTRF イージー・ドゥ・ダンササイズ DVD BOOK ESSENCE (宝島社DVD BOOKシリーズ)

ええ、ええ、流行りましたよね。あれはもっと高いやつなんですけど、これは千円程度のお手軽版です。運動不足の私にはとりあえずこれで十分なんじゃないかと。

私、Perfumeのダンス(特に、あーちゃん)も三浦大知くんのダンスも大好きなんですが、自分じゃ絶対踊れないので、子どもたちが学校行ってる間にこっそりこれでダンスエクササイズしようかなぁと。

TRFが流行ったのは20歳くらいの頃で、その頃はサザン・ドリカム・ユーミン・スピッツにハマッていたので、あまり小室ファミリーには興味がなかったのですが、運動不足解消にちょうどよさそうなので、買ったらまた報告します!

ということで、今回はこのへんで。しばらくご無沙汰してたので、ブログに書くこと満載でした。アトピーっ子(男子、女子)の皆さん、食生活の改善がんばっていきましょう!

関連記事:ご質問のお返事 @手荒れが治らないKさん&幼少からアトピーを患っているJさんへ

-アトピー以外の症状

Copyright© カラダMEMO , 2018 AllRights Reserved.