アトピーの症状

原因によってアトピーの出る場所が違う!?

更新日:

日に日に涼しくなってまいりました。アトピーっ子(男子・女子)の皆さん、お肌の調子はいかがですか?

え? うちの次女? あれから更に良くなったんでしょうって?
(詳しくは、前回のブログたまには手抜き料理で息抜き! アトピーっ子ママのレトルト食品ランキングを見てね!)

それがーーーーーーー。

噴き出しがく~る~!(ザキヤマ風)

……ってことで、また噴き出しがありましてですね。もうほんとイヤになっちゃうんですけど。シクシク。またキズパワーパッドの数が増えちまったよぉぉぉ。

良くなったからって油断して、あんパン食べ過ぎたのも悪かったんだよ、なんてついつい犯人捜しをしてしまいますが(パルシステムのあんパンは卵・乳不使用で美味しい)、まだまだ出しきれてないってことで、がんばります。

こんなときこそ『アトピーなんか飛んで行け!―アトピー克服実践マニュアル』をじっくり読むことが大切ですね。

え? まだ持ってない? いかーん!! 今すぐ図書館に行って、借りてきてください!(できれば購入して、何かあるたびに読み直すと、なお良し!)アトピーを治すために必要なことが全て網羅されているので、これを読んで、自分のアトピーの原因を知ることが、アトピー改善の第一歩ですよ。

一緒に食生活の改善がんばりましょう!

と言いつつ、我が家の子どもたちは、来週から学校給食が始まるからお肉食べちゃうんですけどね……(泣)食事日誌、またつけようかな……。



原因によってアトピーの出る場所が違う!?

以前、あなたのアトピーはどんな症状? 湿疹の種類とその原因で、「植物油が原因のときは黄色い膿のようなジュクジュクした湿疹が出るよー」とか、「動物性脂肪が原因のときはボコボコした分厚い湿疹が出るよー」なんてことを書いたかと思うんですが、次女の症状を見てると、原因によって症状が出る「場所」も違うんだなぁと思います。(あくまでも次女の場合ですが)

次女は、3歳になったばかりの頃、植物油が原因で、ジュクジュクした黄色い浸出液を伴う湿疹がたくさんできました。まず最初に手の甲と腕の関節が痒くなり、掻いているうちにジュクジュクしてきて、そのうち顔にプツプツが出てきて目の周りがうっすら赤くなり(まぶたが腫れるのは食べ過ぎサイン)、その次に鼻の穴、耳の裏、首の前側、脇の下からジュクジュクが出ました。

っていうか、こんなに症状出てるんだったら、もっと早く気付けや!って感じですね(^-^; でも、その当時は、顔にもブツブツ軽く出てるな~くらいで、あんまり深く考えてなかったんですよ。バカバカ、ワタシ。

でもって、気付いたときには(恐怖の9月中旬)、鼻から膿が……。そして坂を転げ落ちるように、耳の裏や首の前側などもジュクジュクに……。

あ! 一年で一番気をつけたいのは3月ですが(冬の間に食べたものの排出がすごい)、その次に気をつけたいのは9月ですよー。夏の間に体にためこんだもの(どうしても色々食べちゃいますよね……。アイスとかね。)が、気温が下がって涼しくなるとともに、皮膚に溢れ出てく~る~!(しつこい)

なので、季節の変わり目は、極力少食で……。いや、普段からきちんと食生活の改善ができてますよって人は大丈夫ですけど、人間そうそうキッチリはできないですもんね。

って話がそれました。

で、ですね。3歳のときは植物油が原因で、ジュックジュクだったわけですけれども、主に皮膚の柔らかいところ(耳裏、首の前側、脇の下など)に症状が出ていたんですよね。

最近は、4月から食べ始めた給食(一応、乳製品メインのおかずは乳製品を抜いてもらってますが、多少入ってるパンとか冷凍食品のコロッケとかは食べちゃってます。)の肉の影響で、動物性脂肪過剰型のボコボコした湿疹(カサブタができます)が、腕の関節と膝の関節に出ています。

不思議なんですが、植物油過剰型のときに症状が出ていた鼻の穴や耳の裏、首の前側なんかには湿疹ができないんですよ。

首は、側面(耳の少し後ろからまっすぐ下におりたところ)が痒いみたいで、夜中に掻いて、小さなカサブタがプツプツできてます。2歳のときは、首の前側の首筋(真ん中あたりの横の線)に沿ってキズができてパックリ割れてしまい、そこから膿が出てくるという恐ろしい状態だったんですけど(^-^;

膝の関節は、長女(たんぱく質過剰型)の時もほとんど出てなかったので(たまに痒いと言うことはありましたが、カサブタができるのではなくプツプツした細かい湿疹でした。)、動物性脂肪過剰型の場合は、膝に出やすいのかな?とも思ったり。

皆さんは、どんな感じですかー? 大人のアトピーの場合、ほとんどが複合型だったりするので、全部出てるよって感じでしょうか(^-^;

肌断食の皮むけも、食事の改善で軽減?

私は1年半前から肌断食(スキンケアを一切しない)をしているのですが、たまに肌断食で検索してこのブログに来られる方もいるようなので、一応少し書いておきます。

肌断食を始めると、まー、顔のあちこちがポロッポロに皮むけするんですが、私は1年半でだいぶ皮むけしなくなりました。(時間かかりすぎ!?)娘たちと一緒に肉と乳製品を食べなくなってから、カサカサする部分がどんどん小さくなってきた気がします。

皮むけしてる部分を手でさわるとすっごいゴワゴワしてるんですが、そのゴワゴワの面積が次第に小さくなって、自然にしっとりしてきたんですよ。肌断食を始めると、外から何かを塗ってごまかすということができないので、やっぱり食生活に気をつけるといいと思います。

食生活の改善法については、このあたりを参考にしてみてくださいね。
アトピーを治すための食事改善1 動物性脂肪(肉類、乳製品)を減らそう
アトピーを治すための食事改善2 和食メニューを選ぼう
アトピーを治すための食事改善3 たんぱく質のとり過ぎに気をつけよう
アトピーを治すための食事改善4 植物油を減らそう

私は、10年前から肉と乳製品をすこーしずつ減らしてきて、今では家でほとんど食べないので、たまにママランチなどで乳製品を食べると、ものもらいができたり結膜炎になったり、肌がカッサカサになったり(しかもちょっと赤く腫れる)色々症状が出ます。

アレルギーってわけではなくて(特に食物アレルギーはありません)、食べたものの排出なんだろうなぁと。食べた直後は平気なんですが、ママランチとかが続いて色々食べ過ぎたなーと思うと、翌日に症状が出たりします。

え? 気のせい?

そうなんですよ! 私もね、気のせいだと思いたくて(だって友達とランチのときには同じもの食べたいじゃん!)、何回か実験したんですけど、乳製品を食べるとやっぱり同じように症状が出るんです!

なので、そろそろ「乳製品は諦めろ」というお告げが……。

そういえば、エリカ・アンギャルさん(ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタント)が、『世界一の美女になるダイエット』の中で、

残念だけど、日本人には乳製品をおすすめしないわ。
日本では小さなときから、牛乳は身体にいいと教えられてきたようだけれど、一概にそうともいえないの。約9割の日本人は、小腸でラクターゼ(乳頭分解酵素)を十分に作れないと推定されており、牛乳や乳製品をうまく消化できないのです。

と言っています。ただし、エリカ・アンギャルさんは、「ヨーグルトは発酵していて、吸収しやすくなっているので、積極的に食べても大丈夫」と言っているので、消化の面から言っているのかもしれませんね。

でも、アトピーを治したいなら、ヨーグルトはやめた方がいいと思います。(ヨーグルトは動物性脂肪のため)

私の仲良しの友人(親友)は、小さな頃からヨーグルトを食べ続けていて、全然アトピーが治らなかったのですが(胃腸にいいと思ってあえて1日2個とか食べていたそう)、『アトピーなんか飛んで行け!―アトピー克服実践マニュアル』を読んでヨーグルトをやめたら、まぶたの腫れや痒み(涙が止まらなくなったりすることもあったそう)、首のジュクジュクなどがおさまって、すっごくラクになったと言っていました。

乳製品をやめると、おなかの調子もよくなるし(快便)、太りにくくなるし、肌の乾燥もなくなるし、いいこといっぱいありますよー。カルシウム不足が心配……という方は、お魚(アレルギーを抑制するDHA・EPAも豊富!)や濃い緑の葉物野菜、大豆製品、ワカメやひじきなどの海藻を積極的に食べれば大丈夫です!

やっぱり昔ながらの和食が最強だと思います。

というわけで、今回はこのへんで……。

今日の子どもたちのおやつは、オレンジゼリーでした。これ、味が濃くてびっくりしました~。
FullSizeRender

あ! 書き忘れるとこだった! ドルトムント、今朝の試合で7-2で勝ちました! 香川が2得点! わーお。
アトピーとは全然関係ありませんが、この香川選手のインタビュー記事、すごく良かったので(昨年、チームとして色々苦労したので、それを思うとぐっときます)お時間ある方はぜひ~。
「Noch mehr!」という叫びの意味は?3戦連続得点、香川真司好調の理由。

ではでは、また次回お会いしましょう♪

関連記事:噴き出しを乗り越えればアトピーは治る! アトピーが治っていく過程

-アトピーの症状

Copyright© カラダMEMO , 2018 AllRights Reserved.