アトピーと食事

アトピーを治すためにサプリメントは必要?

更新日:

アトピーっ子(男子・女子)の皆さん、お肌の調子はいかがですか?

昨日の朝、長女の右手首を見たら、包帯がとれて血まみれで、右手の爪にがっつり血がついていました。うおおおお。

慌ててベッドをチェックしに行ったら、シーツと掛布団カバーとリラックマの大きなぬいぐるみ(しかも白いおなかの部分)に血が……。曇りだったけど、速攻で洗濯機を回しましたよ。とほほ。

長女は「昨日の夜中に掻いちゃったみたい。夏合宿で肉食べたから、噴き出しでしょ? これが終われば治るから大丈夫!」って自信満々に言ってて、何でそんなに余裕なんだよー!と思いました。

一昨日は特に変わったものを食べたわけではなく、いつもの食事だったので、夏合宿後5日目にして噴き出しが出たと思われます。。

今朝はまったく掻いた様子がなかったので、「痒くなかったの?」と聞いたら、「うん、全然痒くなかった」とのこと。このまま食事の改善を続けていけば、治っていくかな?と思っています。(思いたい)

でも、出さなきゃいけないものがあるなら、じゃんじゃん出しちゃったほうがいいですね。ええ、ええ、待ちますとも。幸い、夏休みに入るので、お弁当に豆腐やら豆乳やら使ったおかずを入れなくてもすむし。8月は、豆乳クリーム系のパンもお休みします~。

ってなわけで、噴き出しはいきなりくるぜ! これは前の日に食べたものの影響だけじゃなくて、体にたまってる分が出てきてるんだぜ!っと感じた出来事でした。もうしばらくは食事の改善がんばります!



アトピーを治すためにサプリメントは必要?

ということで、今回はアトピーとサプリメントのお話。

先日、ご自身のアトピーに悩むSさんから「仕事が忙しくてあまり自炊ができないので、マルチビタミンを飲もうと思っています。何かおすすめはありますか?」というご質問をいただきました。

なるほどなるほど、ビタミン剤ですね。確かに、ビタミン剤を飲んでいる人って多いですよね~。

私の母は、ふだんはマルチビタミン、風邪をひいたときはさらにビタミンCも飲んでいます。(なので、実家にいた頃は風邪をひくとすぐに「早くビタミンC飲みなさい!」と言われてました(^-^;)

サプリメントは足りない栄養素を補うために摂るもの

でも、そもそもアトピーを治すためにサプリメントって必要なのでしょうか?

アトピーの原因は「食べ過ぎ」ですよね。アトピーを治すためには、「食べ過ぎによる過剰な栄養素が、湿疹として排出されている」状態なので、その過剰な栄養素がこれ以上、体内に蓄積されないようにする必要があります。

だからまずは食事の改善で、動物性脂肪や植物油、たんぱく質など自分がこれまで過剰に摂取してきたものを控えめにし、症状が落ち着いてきたら、野菜たっぷりの和食を食べるようにします。食事の改善と並行して運動量を増やし、基礎代謝を高めて脂肪が燃えやすい体作りをすることも大切です。

これが、アトピー改善のために絶対に必要なこと。

アトピーは「何を食べるか」の前に「何を食べないか」がすごく重要なので、第一にすべきことは食事の改善。その上で足りない栄養素を補うために、最低限のサプリメントを摂るのであればいいのかなと思います。(なので、サプリメントはアトピーを治すのに絶対に必要というわけではないです。食事の改善がうまくいっているのであれば、それでOKかと)

ただし、サプリメントがアトピーを治してくれるわけではないので、過度な期待は禁物です。あくまでも、足りない栄養のサポートとして飲むということを忘れずに。

ダイエットアドバイザーとして有名な伊達友美さんは、『食べる美女肌セラピー ―― 体の中からキレイになる』でサプリメントについてこんな風に言っています。

サプリメントは「絶対に必要なもの」ではなく、あくまで食事の補助であることを忘れないようにしましょう。
「天然のものだけを食べて、健康的に美しく生きる」のが、人間の本来の姿であり、理想。栄養は基本的に食事で摂るもの。それも、天然の食べ物から摂るべきものです。
現実にはなかなかそうもいかないからサプリメントのお世話になるわけですが、「本当に必要なものだけを、最小限のサプリメントで摂る」というのが基本。

サプリメントの原材料も、できるだけ天然のものを選びたいものです。たとえば、お肌のためにビタミンCを摂るなら、化合成分より、「アセロラ」や「レモン果汁」など、明らかに天然のものとわかる原料のものが理想です。

つまり「栄養は食事で摂るのが基本」「サプリメントを摂るのであれば、不足分を最低限補う程度にする」「できるだけ原料が天然のものを選ぶ」の3点を守ることが大切なのかなと。

ビタミン剤を飲んでるから、野菜を食べなくても大丈夫なんてことになったら本末転倒ですよね(^-^;

アトピー改善のサポートとして摂るのであれば、DHA・EPAとマルチビタミン

サプリメントってものすごーく色々な種類がありますが、アトピーを改善するサポートとして飲むのであれば、DHA・EPA(青魚に豊富に含まれるオメガ3系の脂肪酸で抗炎症作用があるといわれています)とマルチビタミンがいいのかなと思います。

毎日摂りたいDHA・EPA

魚については『アトピーなんか飛んで行け!―アトピー克服実践マニュアル』にも

魚油には、α―リノレン酸の仲間のEPAやDHAが多く含まれます。血液をサラサラにしたり、脳を活発にする油です。人間の体になくてはならない油なので、新鮮な魚を毎日食べましょう。

とあるように、なるべく毎日魚を食べたほうがいいのですが、そうはいっても一人暮らしだったりすると毎日魚を食べるのってなかなか大変だったりしますよね。

あとは魚が苦手であまり食べられない…という人はどうしてもオメガ3系が不足しがちになるので、念のためサプリメントで補っておくといいかもしれません。

野菜不足解消の手助けにマルチビタミン

それから、ビタミンやミネラルはアトピーを治すためにも、積極的に摂りたい成分です。『アトピーなんか飛んで行け!―アトピー克服実践マニュアル』にも、ビタミンとミネラルを摂ることの重要性が載っています。

三大栄養素と言われるタンパク質、糖質、脂質が体の中できちんと利用されるためには、数多くのビタミンやミネラルが必要です。これらが不足すると中間物質で止まってしまい、湿疹や肩こり、頭痛などいろいろな害を及ぼします。各ビタミン、ミネラルの不足による症状を調べてみると、驚いたことに湿疹が非常に多いのです。

Sさんのように外食が多くて野菜不足になりがちな人は、マルチビタミンを摂るといいかもしれませんね。

Amazonでの売れ筋は、このあたりです。

ただし、私が飲むのであれば、上記のような(化学合成で作られた)ビタミン剤ではなく、食品由来原料のビタミン剤にします。なので、もし、Sさんがマルチサプリメント選びで迷っているようであれば、体にうれしいマルチビタミンも候補に入れてみてくださいね。

とはいえ、私はカプセルや錠剤を飲みこむのがとっても苦手なので(小学生のときに風邪薬を枕の下に隠して、母親にこっぴどく叱られました(^-^;)、サプリメントは摂っていません。

ビタミンは、毎日の食事と、人参・りんごジュース、それと「サンスター おいしい青汁」から摂っています。

Sさんは、外食が多くて、運動をする時間もあまりとれないとのことですが……やっぱり食事の改善と運動はセットでやっていかないと、なかなかアトピーはよくならないと思います。

外食では魚の定食を選んで魚は半分残す、家では肉と乳製品を完全にカットしてできるだけ少食にする、通勤時は1駅手前で降りてウォーキングしながら帰る、など少しでも食事の改善&運動量を増やすことを心がけるようにするといいのではないでしょうか。

大人のアトピーはあれもこれも食べ過ぎていることが多く、治るまでにとても時間がかかりますが(会社勤めだと顔に出るアトピーは本当に辛いですよね……)諦めずに地道に食事の改善を続けていけば必ずアトピーはよくなります。焦らず、がんばっていきましょう!

ではでは、また次回お会いしましょう~♪

-アトピーと食事

Copyright© カラダMEMO , 2018 AllRights Reserved.