アトピーの症状

アトピーの症状から原因を見極めるのは難しい?

更新日:

毎日蒸し暑くなってきましたね~。皆さま、お肌の調子はいかがでしょうか?

ところで、ネットでアトピーについて調べると、結構ナゾなこと書いてるサイトって多くないですか?

何言ってるかよくわからないというか……具体性がないというか……正直、この人本当にアトピー治したのかな? この商品売りたいだけじゃね?ってギモンに思ってしまうサイトもちらほら。

いや別にケンカを売ってるわけじゃなくて、どうしてもっとシンプルに考えないんだろう?というソボクなギモンです。

アトピーは食べ過ぎだから! 食事の改善で解決するから!って言いたくなってしまうのですよー。

その点、アトピーなんか飛んで行け!の会/こぼれ話は役立つこと間違いなし!

私が愛する(?)『アトピーなんか飛んで行け!―アトピー克服実践マニュアル』を発行した「アトピーなんか飛んで行け!の会」の方が書いているブログで、アトピーを治すためのヒントが満載なので、ぜひぜひブログのほうもご覧になってみてくださいね。(正直、本当に素直に、この方ってすごいなぁと思ってます。どうしてこんなにアトピーのことがわかるんだろうって。)

しつこいようですが、『アトピーなんか飛んで行け!―アトピー克服実践マニュアル』は私の心の支えです。

アトピーを本気で治したいと思っているなら、ネット上のナゾのレポート(?)とか胡散臭い化粧品とか買わなくていいので、この一冊だけは図書館で借りるか買ってください!

そして、じっくり読んで自分のアトピーの原因を探って、一歩ずつ食事改善がんばっていきましょー。

今から食事改善を始めれば、1年後、2年後には、随分肌がキレイになってると思います! 目指すは、ステロイド剤を使わなくてもキレイな肌やー!!!



アトピーの症状は原因によって違う。でも見極めるのは難しい

アトピーがひどい時って、症状とか湿疹の種類とかめっちゃ気になりますよね。

私も、娘のアトピーで悩んでいた時、よく『アトピーなんか飛んで行け!―アトピー克服実践マニュアル』の写真を見ながら、うちの子の場合は何が過剰なの??ってうんうん考えてたことがあったんですよ。

でも、動物性脂肪過剰型と植物油過剰型とか、たんぱく質過剰型と植物油過剰型とか原因がミックスされていることも多くて、一概に「この湿疹の時はこれ!」って言えないんですよねー。難しい……。

ジュクジュクして黄色い膿が出ている時は植物油過剰型だよーとかありますけど、動物性脂肪でもジュクジュクしますし……。このあたりのことは、「あなたのアトピーはどんな症状? 湿疹の種類とその原因」も見てみてくださいね。

参考までに、我が家の娘2人の腕のカユカユ画像を載せておきます。そんなに閲覧注意とかの画像じゃないので大丈夫です(^-^;

例えばなんですけど、この画像は次女の腕の関節。カサブタがいっぱいできてキズだらけですよね。
IMG_1151

私がにらんだところによると(間違ってたらごめんなさい!)、動物性脂肪(肉)の摂り過ぎ&植物油(リノール酸)不足なんじゃないかと。

給食で肉を食べるようになってから、この症状が出始めました。(幼稚園時代のお昼ご飯は、私が作ったお弁当なので肉は無し)

本当は肉を減らせばすぐに治ると思うのですが、給食があるので……白ゴマ油を少しだけ多めにとろうかなと思っています。

ちなみに、次女は食物アレルギーもないので、お友達と遊ぶ時などは普通にチョコを食べたりもするのですが、やっぱり湿疹が悪化します。なので最近は、「給食を食べてるから、お友達の家でチョコを食べるのはやめようね~」と声をかけてます。

もちろん牛乳は飲んでいません。一応、小児科の先生から診断書をいただいて、牛乳や生クリームなどの乳製品は除去対応でお願いしてます。それでも、肉・乳製品を食べずに魚と野菜の和食生活をしていた幼稚園時代より肌の調子が悪いですね……。

もしも、このブログを見てくださってる小学生のママさんで、「給食の洋食メニューを食べると悪化する……」と感じている方がいたら、アトピーがよくなるまでお弁当にするのもアリなんじゃないかと思います。

残してねって言っても、小学生だとなかなか残せないですよね。私は、いつもクラス替えの最初の時に、担任の先生に、乳製品やお肉の脂肪分でアトピー性皮膚炎が悪化するので、おかずを残すこともありますが、好き嫌いではないのでご理解よろしくお願いします、と連絡帳で伝えています。

1日3食のうちのたかが1食と思っても、案外あなどれないんですよー。だって毎日のように肉が出るんだもん……。ベジタブルス―プにベーコンってそれはもはやベジタブルスープじゃないよね?と心の中で突っ込む日々でございます(^-^;

それから、この画像(暗くてすみません)は長女の右腕の関節。
IMG_0911

上の娘も、給食の肉を食べているというのはありますが、納豆大好きっ子なのでたんぱく質過剰型もミックスしてると思われます。
下の娘の湿疹よりも、赤みが強くてプツプツも細かくて、かゆそう~という感じです。

ちなみに、現在の上の娘の左腕は、こちら。
IMG_1154
左腕も右腕同様、アトピーが出ていましたが、娘なりに給食の肉を食べるのを控えるようになってから左腕のほうが先に良くなってきました。そのかわり外耳炎が出ているので、微妙なところですが。(出るところが変わっただけ? 詳しくは、「中耳炎や喘息も食べ過ぎが原因!? 食べ過ぎで起こるアトピー以外の症状」を見てくださいね。)

このように、一言でアトピーと言っても、原因の違いによって出る症状は全然違うんですよね。

なので、原因の見極め(何を食べ過ぎているのか)はとても大事だと思います! いや、こんなこと言いつつ、私も良く分かっていないことが多くて、これでいいのかな?と悩みつつなんですが(^-^;

我が家の場合は、アトピーに関しては、湿疹を出しっぱなしにしてるというか、ヤバイ!と感じたら食生活をキチキチッと見直して、治るのを待つという感じです。ぶっちゃけ、あまり気にしないのもポイントとか。(ああー、大雑把でごめんなさい。)

別にね、ツルツルにならなくても多少アトピーが出ていても、ちょっとかゆいねくらいだったらいいんじゃないかと思ってます。
冬になると、寒さでたんぱく質が使われる&汗をかかなくなるからか、腕の関節はキレイになるので、夏は仕方ないよね、と(ダメ??)

あっ、でも2人とも一番ひどかった幼稚園時代には、きっちり治してます。あの頃はお弁当だったからできたのかなぁと。(い、言い訳でしょうか。)

今、全身に症状が出ているという方は、一度はきっちり治したほうがいいと思います。その上で、ゆる~くやっていくのなら、アトピーの症状がまたひどくなってしまうということはないんじゃないかと。

アトピーが治っていく過程を自分の目で確かめることって絶対必要です。大丈夫、治ります、治りますよーーー!(大事なことなので2回言いました。)

長女の画像を見てもらうとわかるように、食事に気をつけると「自然に」かゆみがおさまって、「自然に」湿疹が減っていくんですよ。

私は娘2人のアトピーが治っていく過程を見ているので、本当に自信を持って、「食べ過ぎを見直せばアトピーは治る」って言えます。

食事の改善、がんばりましょうね! ではでは、また次回お会いしましょう♪

-アトピーの症状

Copyright© カラダMEMO , 2018 AllRights Reserved.