アトピー以外の症状

中耳炎や喘息も食べ過ぎが原因!? 食べ過ぎで起こるアトピー以外の症状

更新日:

長女の外鼻炎が8年ぶりに再発して、びびっている管理人です、こんにちは。皆さま、お肌の調子はいかがでしょうか?

長女の腕のカユカユなんですが、「もうすぐ学校でプールがあるから腕をキレイにしたい!」と娘なりに努力して給食の肉を残していたところ、治ってまいりました!

おお、治ってきてるやん!

……と思ったら……。

娘が昨日の夜、「ママ、右の耳がかゆいんだけど……綿棒で掃除したら、ちょっとにおうの。」と。

ああああああーーーーーーー。久しぶり! 外耳炎! 8年前の悪夢が……。



中耳炎も食べ過ぎの症状のひとつ

8年前の幼稚園年少さんの頃、長女が外耳炎になったんです。

当時はアトピーに関する知識もほとんどなく、外耳炎を治すために、耳鼻科に行って、薬をもらって塗りました。

薬のおかげで外耳炎はすぐに治った(ように見えた(^-^;)んですが、すぐその後に中耳炎になり、鼓膜が破れて膿が出てきて、そりゃあもう大騒ぎでした。

今思えば、外耳炎も、食べ過ぎによって体の中にたまった余分な栄養素が耳から出てきていただけだったのかな~と。(娘の場合、たんぱく質過剰型のアトピーだったので、外耳炎もたんぱく質の摂り過ぎが原因??)

耳の入り口から少し中に入ったところに炎症が起きていたらしいんですが、それを薬でムリやり抑えたために、今度は耳のもっと奥に炎症が起きて中耳炎になったのではないかと……。

症状を無理やり抑えると、体が出どころを探して、別の場所から出てくる感じでしょうか。この中耳炎は、アトピーが治っていく過程で自然に治っていきました。(薬は何も使ってません。)

そういうわけで、8年ぶりの娘の外耳炎ですが、実は腕の湿疹が治ったわけではなくて、出る場所が耳に変わっただけのようです。

何だよ! 期待させやがって! シクシク。とりあえず、たんぱく質と植物油の摂り方を見直します。

肌に出ればアトピー、耳に出れば外耳炎や中耳炎、鼻に出れば鼻炎、喉に出れば喘息、と体の中にたまった余分な栄養素は、体の色々なところから排出されるんですね。

私の場合は、普段あまり乳製品を食べないので、外食などで乳製品をがっつり食べると、目が充血したり、ものもらいができたり、鼻の中にブツブツができたりします。(2~3日少食にしてると自然に治ります。)

たんぱく質の摂り過ぎで喘息に!?

我が家の2人の娘たちは、喘息持ちではないですが、たんぱく質を摂りすぎると、喉がゼーゼー(ヒューヒュー?)します。

次女は、4歳くらいまでは、たんぱく質を摂りすぎると、夕方から夜にかけて咳が止まらなくなることがありました。咳とともに、その日に食べたものをオエッと吐いてしまうのですが、そうすると、ぴたっと咳がおさまるんです。

人間の体って不思議だ~!とよく思っていました。なので、咳が止まらなくなると、アトピー咳だよ! タオルの上に吐いちゃって! といつもタオルをスタンバイしていたせいか、そのうち娘も慣れて、タオルの上に吐くとケロッとしてすぐに寝ていました。(自分の娘ながらすごい。)

このアトピー咳、運動をすることでも治ります。長女は、朝学校に行く時にちょっとゼーゼーしてるなぁと思っても、学校から帰ってきて公園に遊びに行ったりスイミングに行ったりと運動をたくさんすると、夜にはゼーゼーがおさまっていました。

私がいつも娘のアトピーの症状をチェックするときに参考にしている『アトピーなんか飛んで行け!―アトピー克服実践マニュアル』には、こんな記述があります。

アトピーの患者さんで湿疹の症状が出ると喘息が引っ込み、喘息が出ると湿疹が引っ込む、ということはよく体験することです。また年頃になり、にきびが出だしたり太り出したりすると、アトピーが治まったなどという話もよく聞きます。これらは過剰な栄養素を排出する場所が変わるか、排出せずに溜め込むようになっただけのことだと考えます。

病気とまではいかないけれど何だか気になる……という不快な症状(例えば、ふけ症、花粉症、鼻炎、結膜炎、中耳炎、おねしょなど)も、実は食べ過ぎが原因だったりするんですねー。

特に、喘息のお子さんをお持ちの方は、ぜひぜひ飛んで行け!食を実行してみてほしいなぁと思います。

『アトピーなんか飛んで行け!―アトピー克服実践マニュアル』には喘息にも効果があったという体験談も載っているので、気になる方はぜひ一読を。

あ、小学生のアトピーっ子をお持ちのママで、いまだに夜のオムツがとれない……と悩んでいる方っていたりするでしょうか?
実はこのおねしょも「食べ過ぎ」が原因の一つなのではないかと、『アトピーなんか飛んで行け!―アトピー克服実践マニュアル』には書かれています。
お子さんのおねしょで悩んでいる場合は、おかずの量を見直して、穀類5:野菜3:たんぱく質1のバランスにしてみるといいかもしれませんね。

関連記事:子どものおねしょの原因って何? 夜尿症とアトピーの関係

上の娘のお友達で、中学受験のためにスイミングをやめてしまった子がいるんですが、塾から帰ってきて夜遅くに夕飯を食べるようになってからアトピーが一気に悪化してしまったそう。(でも、そのママは「受験勉強のストレスでアトピーが悪化しちゃって~」と。ストレス……じゃないと思う……。)

食べたら運動して、摂った栄養をエネルギーに変える、消費するってとっても大切ですね。

うう、外耳炎……。長女も、運動系の習い事、2つやめてしまったんですよね……。とりあえず夏休みに入れば給食を食べなくてもすむようになるので、夏休み中に治ればいいなぁと思っています。

次回は、アトピーが治っていく過程ってこんな感じだよーってことを書きたいと思っています!

ではでは、また次回お会いしましょう♪

関連記事:アトピー以外の効果も? 食事の改善で体はこう変わる!

-アトピー以外の症状

Copyright© カラダMEMO , 2018 AllRights Reserved.